【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 心はグレンフェルに

ロンドン 心はグレンフェルに

2018年08月20日

 ロンドンの高層住宅「グレンフェル・タワー」が全焼し、72人が亡くなった火災の原因は、人災の可能性が高いとされる。犠牲になったのは移民ら低所得者層だった。犠牲者の思い出、遺族の無念を取材した。仕事中は泣かないことを信条にしているが、難しかった。

 火災から丸1年の夜、英歌手エド・シーランさんのライブに出掛けた。ウェンブリー・スタジアムをぎっしり埋めた約9万人の老若男女が熱狂した。

 アンコールで、国民的人気歌手は「グレンフェルに正義を」と書かれた白いTシャツ姿で登場した。瞬間、確信した。昨年3月に始まった世界ツアーで約160公演をこなし300万人以上を動員した彼が、歌詞を忘れるはずがない。社会の片隅で死んでいく少女の歌の途中、声を詰まらせたのは、グレンフェルを思い感極まったからだと。

 勘違いでも、そう思うことにした。あの日、将来を奪われた人々の中にもきっと、ファンがいただろう。彼らのためにも。

 余韻に浸りながら、巨大なウェンブリーを振り返ると、グレンフェルの追悼を意味する緑色にライトアップされていた。 (沢田千秋)

旅コラム
国内
海外