【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 一流選手はつらいよ

ロンドン 一流選手はつらいよ

2018年09月05日

 ロンドン郊外で開かれるウィンブルドン選手権はテニス四大大会の一つ。だが記者会見の話題はテニスにとどまらない。

 「この大会でも選手の飲料水にペットボトルが多用されているが、どう思うか」。女子シングルスのコンタ選手(英国)に対し、試合結果もそこそこに、プラスチックごみによる海洋汚染の質問が飛びだした。

 コンタ選手は「英政府は対策に動きだしている」「(飲料水を提供する)スポンサーの姿勢も問われる」と切り返した。その後も「出産後の女性選手の扱いはどうあるべきか」と社会性たっぷりの質問が続く。

 そういえば、6月に全仏オープンの男子シングルスを制したナダル選手(スペイン)も「首相が退陣したスペイン政局をどう思う」と尋ねられている。テニスの一流選手は、時事問題での見識も求められるらしい。

 難しい質問に険しい表情だったコンタ選手の口が滑らかになったのは、話題がサッカーのワールドカップ(W杯)に及んだとき。日本がベルギーに惜敗した試合に「最後30秒、胸が張り裂けそうだった」。会見が盛り上がった瞬間も、テニス以外の話題だった。 (阿部伸哉)

旅コラム
国内
海外