【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. 英チェッカーズ 理屈を超えた仲同士

英チェッカーズ 理屈を超えた仲同士

2018年09月17日

 メイ英首相とトランプ米大統領の首脳会談はロンドン郊外の首相別荘チェッカーズで開かれた。警備上の理由で、記者は各自での移動を禁じられ、早朝、政府機関に集合した。

 集合場所で、英国の記者と米大統領同行記者団は容易に見分けがついた。英語のアクセントだけではない。米記者は、大きな声でよくしゃべり、衣服も化粧も総じて派手だ。「英BBCと米CNNのアナウンサーの違いはこれか」と妙に得心。英米記者が分かれてバスに乗ると、英側はとても静かだった。

 チェッカーズは、英国の田園ならではの美しく広大な丘陵地帯。ただ、会談直前、トランプ氏がメイ氏を非難する外交儀礼にもとる記事が掲載され、緊張感が漂っていた。

 しかし、フタを開ければ会見で、トランプ氏は言い訳、メイ氏はほほ笑み、両者は冗談を言い合い、記者も一緒に笑った。共通の言語を持つ同士の「なれ合い」に似た雰囲気。

 久々に里帰りした放蕩(ほうとう)息子を年老いた母親が優しく諭す絵が浮かんだ。外交課題は山積だが両国関係は理屈を超えている。第三国の記者として、それを肝に銘じた。 (沢田千秋)

旅コラム
国内
海外