【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. モスクワ 羽生フィーバー特需

モスクワ 羽生フィーバー特需

2019年01月04日

 スタンドで揺れる多くの日の丸を見ると、まるで日本での開催のようだった。フィギュアスケート男子で五輪2大会連続金メダルの羽生結弦選手が出場し、モスクワで開かれたグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯には、日本から大勢の女性ファンが観戦に訪れた。

 日本語の応援プラカードを手にしたロシア女性の姿も。ジャンプを決めるたび、つんざくような歓声が上がる。滑り終えると、羽生選手が出場する大会の名物、くまのプーさんのぬいぐるみがリンクを埋めた。

 羽生選手のロシア杯出場は2年連続。1万3000枚の切符は売り切れ、ロシアの主催者もほくほく顔で「ぬいぐるみの回収が大変だけど、去年も経験しているから慣れているよ」。それでも、会場入りするバスや宿泊先の警備を増強するフィーバーぶりだったという。

 羽生選手は右足首のけがをおした入魂の演技で優勝。観戦ツアーで現地の日本人ガイド、旅行業者らも特需に沸いた。「毎月、羽生選手が出場する大会があればいいんだけど」。日ごろ日本からの訪問客増加策に頭を悩ます観光関係者の言葉に実感がこもった。 (栗田晃)

旅コラム
国内
海外