【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン グレートだけど不満

ロンドン グレートだけど不満

2018年05月05日

 冬季五輪をテレビで観戦中、どうしても気になることがあった。英国の選手団が「チームGB(グレートブリテン)」と呼ばれていたことだ。普段、英国人は自分の国を「UK(ユナイテッドキングダム=連合王国)」と呼ぶのに・・・。

 UKとはイングランド、ウェールズ、スコットランドからなる英国本島と北アイルランドを含む総称。五輪のチームGBには、UKだけでなく、世界中に点在する英王室領や英国領の選手も含まれるため、UKはふさわしくないのだ。

 では、なぜGBなのか。英オリンピック委員会によると、1896年の第1回アテネ大会で英国は3文字の「GBR」を名乗った。以来、幾多の戦争を経て領土が変遷しようとも、その名を堅持してきたという。

 だが、GBは英国本島の名称であり、それが示す範囲は、残念ながらUKより狭い。案の定、毎回の五輪で、GBだと外れてしまう北アイルランドから、GBの名称に不満と疑問の声が寄せられるという。連合国家はこういう点がややこしい。

 いっそのこと、日本独自の呼称である「イギリス」を採用してはどうだろう。 (沢田千秋)

旅コラム
国内
海外