【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 上海 今も昔も癒えない傷

上海 今も昔も癒えない傷

2009年07月27日

 上海とユダヤ人には深いつながりがある。イスラエル総領事館によると、現在は約400人しか暮らしていないが、戦前の人口は2万-3万人。ナチスの迫害を逃れた人たちが、ビザの必要のない欧米列強の租界に逃げ込んだ結果だ。

 多くが日本人居住地の虹口地区で暮らしていたから、日本とのつながりも浅くない。だからでもないが、イスラエル総領事館に勤務する友人は日本びいきだ。

 独身、日本人の恋人募集中。「だったら、なんで中国ではなく、日本に留学しなかったの」と尋ねると、「留学前は2つの国の違いが分からなかったんだ」と悔しがる。

 酒を酌み交わしていると、話題はいつしか故郷の戦火に移った。友人も数年前、徴兵で戦車に乗っていたという。

 「上官の命令に従い、ガザで大砲を撃った。誰かが死んだかは分からないし、知りたくもない。ほかに選択肢なんてない」。物言いはきっぱりとしていたが、どこか悲しげだった。 (小坂井文彦)

旅コラム
国内
海外