【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 台北 釈放への道は険しく

台北 釈放への道は険しく

2009年11月14日

 台湾の陳水扁前総統が総統府機密費を横領したなどとして台湾の最高検に逮捕されてから間もなく一年。この間、前総統はほとんどの月日を台北郊外の拘置所で過ごしている。仮釈放を求め、最近では従来の無実の主張に加え、さまざまな訴えを展開している。

 先日、拘置延長の可否をめぐって最高裁が前総統の抗告を認め、高裁に差し戻した審理では、総統職にある者が緊急時に脱出するための秘密の地下道の存在を暴露した。

 台北市内にある蒋介石元総統の旧居「士林官邸」から台湾国防部(国防省)衡山指揮所までと、総統府から隣接の国防部庁舎に抜ける二本のルート。指揮所と庁舎にはヘリポートがある。

 総統専用の抜け道を明らかにしたのは逃亡の意思がないことを示すためとみられる。それでも高裁は「海外逃亡し優雅に暮らす可能性がある」と認定。前総統の“奇襲”を退けた。 (栗田秀之)

旅コラム
国内
海外