【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 内房総・館山市
内房総・館山市

内房総・館山市 千葉県 崖や船から“絶景の幸”

絶壁に張り付くように築かれている「崖観音」=千葉県館山市で

絶壁に張り付くように築かれている「崖観音」=千葉県館山市で

 下から見上げた「崖観音」の観音堂は、朱色に輝いていた。千葉県館山市にあり、文字通り断崖絶壁に張り付いている。

 寺の名前は大福寺。本堂の裏から長い階段を上り、観音堂を目指した。高欄干に立つと、間近に迫る館山湾の眺望に目を見張った。視界を遮るものはない。昼下がりの太陽の下、海は光っていた。館山湾は東京湾の一部、「鏡ケ浦」とも呼ばれる。海岸線は緩やかなカーブを描き、日本百景に選ばれている。

 観音堂は、行基が717(霊亀3~養老元)年に海上安全と豊漁を祈願して岩肌に十一面観世音菩薩(ぼさつ)を彫ったのが起源と伝えられている。高さ約1.3メートルの像は今も“健在”で湾を見守る。近くには坂東三十三観音札所巡りの三十三札所・那古寺(那古観音)もある。

 館山港の近くにある城山公園から海を望む景色も、崖観音に負けず劣らずだ。公園は標高70メートルほどの山の上にあり、行き交うコンテナ船やタンカーなど大型船舶が手に取るように見える。沖には周囲1キロほどの無人島「沖ノ島」。三浦半島も間近に見える。その先が太平洋。訪れた日は、大勢の家族連れが気持ちのいい青空と光る海に歓声を上げていた。

 公園には、3階建ての立派な天守閣を持つ館山城が立っていた。公園は戦国大名の里見義康氏が最後に居城した館山城跡。天守閣は1982(昭和57)年、愛知県の犬山城を模して建てられた。里見氏といえば、江戸時代後期に曲亭(滝沢)馬琴が里見氏の歴史を背景に著した長編伝奇小説「南総里見八犬伝」が思い浮かぶ。天守閣の中は、「八犬伝博物館」とも呼ばれる市立博物館の分館になっている。

 城山公園から下の海岸へ下り、館山港多目的観光桟橋へ。今年4月にオープンしたばかりで長さ500メートル。館山市の新しい観光の目玉の一つで、遊歩道が整備されている。時折、「にっぽん丸」や「ぱしふぃっくびいなす」などが接岸すると、同公園の上から大型の客船を撮影しようという愛好家でにぎわうという。

 
ゆっくりと沈む夕日をフェリーから眺める乗客=東京湾で

ゆっくりと沈む夕日をフェリーから眺める乗客=東京湾で

 この時期、海に沈む夕日に心がひかれる。千葉県観光協会の石田文夫事務局長らから「夕日を見るのなら、東京湾フェリー(金谷-久里浜)の上からがいい」と勧められていた。JR内房線に乗り、浜金谷駅(千葉県富津市)で下車。歩いて金谷港の東京湾フェリーターミナルに向かった。

 いつの間にか風が強まり、海には白波が立っていた。岸壁に打ち付ける波がしぶきになって降り注ぐ。岸壁近くには「恋人の聖地」と名付けられたモニュメントがあり、夕日を浴びながらカップルが鐘を鳴らしていた。

 日没を見るため、フェリー「かなや」に乗り込んだ。旅客定員580人、バスやトラックも運べる3,580トンの大型船。甲板でオレンジ色に染まる夕景にうっとりする乗客たち。太陽が三浦半島のかなたにゆっくりと姿を消していった。鎌倉直子さん(30)は「夕日を見ていたら、人生を考えさせられてしまいました」と感慨深げに話した。

 対岸の横須賀の街の灯が徐々に近づき、久里浜港(神奈川県横須賀市)に到着。約40分間という短いクルージングながら、満足の旅だった。

 文・写真 草間俊介

 (2010年12月17日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
館山市へは、JR東京駅から内房線の特急「さざなみ」で直接行くほか、
外房線の特急「わかしお」で安房鴨川駅まで行き、内房線に乗り換える方法もある

◆問い合わせ
館山市観光協会=電0470(22)2000。
千葉県の観光情報はHPで。

おすすめ

館山市立博物館分館(八犬伝博物館)

館山市立博物館分館(八犬伝博物館)

★東京湾フェリー
東京湾を唯一、横断する定期フェリー。
大人700円、5メートル未満の自動車3880円(ドライバー1人を含む)など。
運航ダイヤなどはHPで。
電046(830)5622

★館山市立博物館
城山公園の上に分館(八犬伝博物館)、下に歴史、民俗を紹介する本館がある。
大人300円など。月曜日休館(休日は開館、翌日休館)、年末年始休。
電0470(23)5212

★野島埼灯台
房総半島最南端の野島崎(千葉県南房総市)に立つ八角形をした大型灯台(高さ29メートル)。
1870年に初点灯。一般公開されている。大人200円など。

★花
館山市の海岸沿いを走る道路は房総フラワーラインの一部になっており、
1、2月は菜の花、ストック、キンセンカ、スイセンなどが楽しめる。

首都圏・関東の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

首都圏・関東のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外