【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 墾丁・高雄
墾丁・高雄

墾丁・高雄 台湾 森の中は動植物の宝庫

墾丁国家公園の展望台からは、熱帯雨林や海が一望できる=台湾・墾丁で

墾丁国家公園の展望台からは、熱帯雨林や海が一望できる=台湾・墾丁で

 道路の先に、日差しを受けて輝く海が見えてきた。台湾南部最大の都市、高雄から車で南に2時間ほど。一帯が公園として保護される墾丁(こんてい)に着いた。「暖かいなあ」。台北からの旅行客が笑顔を見せた。この辺りは1月でも平均気温が20度以上で、台湾有数のリゾート地として知られる。

 東を太平洋、西は台湾海峡、南はバシー海峡と三方を海に囲まれ、陸側には熱帯雨林や草原、湖沼など豊かな景観が広がる。タイワンザルなどの野生動物をはじめ、鳥類約300種類、チョウ約200種類などが生息し、海に潜れば、色とりどりの熱帯魚にも出合える。マリンスポーツを楽しむ観光客も多い。

 遊歩道が整備された墾丁国家公園を訪ねた。解説員ボランティアの廖淑花さん(63)が案内してくれた。「たくさんの動植物が見られる。とても美しい所です」。廖さんは胸を張り、先頭に立って歩き出した。

 公園は隆起したサンゴ礁岩からなり、1000種類以上の熱帯植物が生い茂る。かつて林業試験用地として使われ、世界各地から珍しい樹木を集めて試験栽培をしていたことから、外来種も約300種類に上るという。

 至る所にサンゴ礁があり、自然の姿を生かした休憩用のテーブルやいすがあるほどだ。サンゴ礁に根を絡ませた樹木など独特の景観に圧倒された。

 「あの木は樹齢300年以上です」「これはサルやリスが大好きな実がなります」。廖さんの解説を聞きながら歩くと、たちまち額に汗が浮かぶ。

 観光エリアの中心にある展望台に上った。夕日にはまだ早かったが、海や森林が一望でき、開放感に包まれた。吹き抜ける風が心地よい。廖さんによると、朝の景色はまた格別だという。

 
出入り口が竜と虎の形をした「竜虎塔」=台湾・高雄で

出入り口が竜と虎の形をした「竜虎塔」=台湾・高雄で

 高雄に戻り、湖の「蓮池潭(れんちたん)」に向かった。畔には中国風の色鮮やかな塔や建物が並ぶ。中でも出入り口が竜と虎の口の形をした「竜虎塔」は迫力満点だ。内部を通ると御利益があるといい、観光客でにぎわっていた。

 腹ごしらえをするため、高雄最大の夜市として知られる「六合国際観光夜市」に立ち寄った。歩行者天国になった道路沿いには、びっしりと屋台が並び、すれ違うのも大変なほどの人で大にぎわいだ。

 店先には、名産のカラスミや、エビの塩焼きなど海の幸が並び、食欲をそそる香りが漂う。デザートや小物なども販売され、見て歩くだけでも楽しい。屋台の店主にお勧めを聞くと、カキが入ったオムレツの「●仔煎(オアジェン)」だという。店の前のテーブルで焼き上がりを待つ。出来たてをほお張ると、もちもちとした食感で、甘辛いたれがからんだカキからうまみがあふれた。思わず笑みがこぼれる。「うまいかい」。店主のうれしそうな顔でおいしさも倍増した。

 日が落ちた街を眺めながら、市内を流れる運河の「愛河(あいが)」に向かった。川沿いには、ランタンが飾られ、幻想的な光を放っていた。遊覧船が行き交い、ライトアップされた橋が彩りを添える。夜が更けても人の波が絶える気配はない。時間を忘れて南国のパワーに酔いしれた。

 文・写真 宮崎仁美

 ●=虫に可

 (2011年3月25日 夕刊)

屋台が並ぶ六合国際観光夜市。週末ということもあって深夜まで客足が途絶えることはなかった=台湾・高雄で

屋台が並ぶ六合国際観光夜市。週末ということもあって深夜まで客足が途絶えることはなかった=台湾・高雄で

メモ

地図

◆交通
台湾の中華航空が昨年10月に成田-高雄の直行便を就航。
同航空の中部国際空港-高雄直行便も。
日本航空も成田-高雄に直行便を就航させている。
台北から台湾高速鉄道で高雄市の左営駅まで最短約90分。

◆問い合わせ
台湾観光協会東京事務所=電03(3501)3591。
高雄市の日本語HP

おすすめ

台湾ランタンフェスティバル

台湾ランタンフェスティバル

★愛河
汚染が激しかった時期もあるが、水質改善が進み、かつての美しさを取り戻した。
沿岸には公園が整備され、市民の憩いの場となっている。

★寿山(じゅざん)
高雄市の西南部に位置する丘陵地。
寿山公園や寺院、動物園、戦争で亡くなった人を祭る「忠烈祠(ちゅうれつし)」などの名所が集まっている。
山頂から高雄港や、街の夜景を一望できる。

★鵝鑾鼻(がらんぴ)灯台
台湾最南端の岬にある。
英国人技師が設計し、1882年に運用を始めた。

★台湾ランタンフェスティバル
旧暦1月15日(今年は2月17日)の「元宵節(げんしょうせつ)」に、毎年開催地を替えて開かれる。
えとの動物などをかたどった大小のランタンが夜の会場を彩り、観光客でにぎわう。
今年は苗栗(ミャオリ)県で開催、ウサギのランタンなどが並んだ。
高雄でも毎年、同時期に愛河周辺でこのフェスティバルが開かれる。

歴史・文化の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

歴史・文化のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外