【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 麗水万博
麗水万博

麗水万博 韓国・全羅南道 麗しい港町に技術の粋

民家の壁に色鮮やかに描かれた「天使の壁画の道」

民家の壁に色鮮やかに描かれた「天使の壁画の道」

 ソウルの龍山駅から韓国高速鉄道KTXに揺られること3時間余。全羅南道麗水(ヨス)市の麗水エキスポ駅に着くと、プランクトンをモチーフにした2012年麗水世界博覧会(麗水万博)のマスコットキャラクター「ヨニ」と「スニ」が出迎えてくれた。

 5月12日から万博が開かれる麗水市は約2000の島々が連なる多島海に面し、美しい港町として知られる。開幕を間近に控えて熱気に沸く同市。急ピッチで仕上げの工事が進む万博会場と、周辺の観光名所を駆け足で巡った。

 到着後、まずは腹ごしらえ。近くの食堂「ソソヌ」でコッケタン(ワタリガニの鍋)と、特産のカラシナキムチをいただく。「マシッソヨ(おいしい)」。片言の韓国語で声を上げると、女性店主がほほ笑んだ。

 おなかが膨れたところで、潮風が香る港町をぶらり散策。文化観光解説士、西竹玉緒さん(38)の案内で、1004メートルにわたり民家の壁に絵が描かれた「天使の壁画の道」に足を運ぶ。細い路地を入ると、色鮮やかな壁画が視界に飛び込み、海と青空のコントラストに目を奪われた。1004を表す「チョンサ」という言葉には「天使」の意味もあることから、この名が付けられたという。

開幕前から「エキスポ・ハルモニ」と呼ばれ、人気を集める山田外美代さん

開幕前から「エキスポ・ハルモニ」と呼ばれ、人気を集める山田外美代さん

 お目当ての万博会場へ向かった。途中で「愛・地球博(愛知万博)」と「上海万博」に一日も欠かさず通った愛知県瀬戸市の山田外美代さん(63)とばったり。麗水で「エキスポ・ハルモニ(万博おばあさん)」と呼ばれている山田さんは、「穏やかな海と優しい人柄が印象的。すっかりお気に入りの街です」と白い歯をのぞかせた。

 

 麗水万博のテーマは「生きている海、息づく沿岸」。開発と乱獲で破壊されつつある海の生態系を守り、海と人間が共存するための海洋科学技術を公開する。太陽光などの再生可能エネルギーやITを駆使した会場運営が売り物で、計105カ国が参加する。ちなみに参加表明が最も早かった国はウクライナで、2番目が日本だったという。

 会場内へ。最初に高さ73メートルのスカイタワーを目指す。産業化時代の役割を終えたセメントサイロ(貯蔵用タンク)を再利用したモニュメントで、外壁には、ギネス記録に認定された世界最大の音を出すハープ形のパイプオルガンを設置。奏者がタブレット端末で遠隔操作すると、半径6キロまで聞こえるという重厚な音色が響き渡った。

海に面した麗水万博会場。左に見える円形の構造物は海上ステージ「The Big-O」の一部で、右側の建物はテーマ館=いずれも韓国・麗水市で

海に面した麗水万博会場。左に見える円形の構造物は海上ステージ「The Big-O」の一部で、右側の建物はテーマ館=いずれも韓国・麗水市で

 参加各国が企画する国際館の中の日本館をのぞいた。メーンゾーンでは、東日本大震災から立ち上がる日本の姿を描いたファンタスティックな童話ショーを上演する予定で、町田克己館長(61)は「感性に訴えるパビリオンにしたい」と意気込む。

 続いて訪れたのは、アルファベットのOの形をした海上に浮かぶ野外ステージ「The Big-O」(ザ・ビッグ-オー)。噴水やレーザー、炎などを多用し、幻想的なショーを演出するという。ほかにも、シロイルカやバイカルアザラシを見ることができるアクアリウム、企業館など観光名所が盛りだくさんだ。

 全羅南道は万博以外にも、「楽安邑城(ナガンウップソン)」や日本に千字文、論語を伝えたとされる「王仁博士遺跡地」など見どころは多い。

 駆け足の見学を終えた後、一日の疲れを癒やすため、居酒屋に立ち寄った。チヂミやキムチを酒肴(しゅこう)に、レトロな真ちゅう製のやかんからつがれるマッコリでのどを潤した。

  文・写真 藤川大樹

 (2012年2月24日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
ソウルから麗水までは約400キロ。KTX、飛行機、高速バスがある。
金浦空港から麗水空港まで約55分。空港から万博会場までシャトルバスがある。
釜山からは高速バスで約2時間40分。

◆問い合わせ
韓国観光公社 観光案内電話(日本から、日本語対応あり)=国際電話+82(2)1330。
麗水万博の 日本語HP も内容充実。

おすすめ

倭寇(わこう)を防ぐため築かれた土城

倭寇(わこう)を防ぐため築かれた土城

★麗水万博
5月12日~8月12日、入場は午前9時~午後10時。
パビリオンは各館によるが午後9時ごろまで。同11時までに会場を出る。
入場料(通常料金)は19歳以上65歳未満3万3000ウォン(100ウォン=約7.4円)、13歳以上19歳未満2万5000ウォン、13歳未満と65歳以上1万9000ウォン。
韓国館などの見学予約は 公式HP から。KTXは HP で座席予約可。

★福岡-麗水フェリー
万博期間、週3往復程度運航。福岡発午前8時15分~麗水着正午、麗水発午後2時~福岡着午後5時45分。
所要約3時間45分。大人片道1万3000円など(学割などあり)。
運航日などは HP で。

★楽安邑城
麗水市に隣接する順天(スンチョン)市にある。
高麗時代後期から頻繁にあった倭寇(わこう)を防ぐため築かれた土城。
庶民の昔の生活を垣間見ることができる。今も城内では約90世帯が暮らす。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外