【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 砂丘と「まんが王国」
砂丘と「まんが王国」

砂丘と「まんが王国」 鳥取県 名作ずらり心は少年に

精巧な出来栄えで、見学者を驚かせる砂の美術館のロンドン塔=鳥取市で

精巧な出来栄えで、見学者を驚かせる砂の美術館のロンドン塔=鳥取市で

 鳥取といえば砂丘。東西約16キロ、南北約2キロの鳥取砂丘(鳥取市)は、高低差約90メートルで起伏に富み、日本最大級の景色は感動もの。風が吹くたびに変化する風紋は、見ていて飽きない。

 砂丘近くに今年4月、世界初の砂像を展示する場「鳥取砂丘 砂の美術館」がオープンした。ロンドン五輪にちなみ来年1月6日まで、「語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り」を開催中。砂でできたロンドン塔、ビッグベン、バッキンガム宮殿などが目を引く。

 砂を水で固めた精巧な出来栄えに、「皆さん、水と砂だけでできているとはなかなか信じてもらえなくて」とは同美術館の西村啓さん。鳥取砂丘の砂は粒が細かく均等なため、美しい砂像ができるのだという。

 日本を代表する人気漫画家の水木しげるさん、青山剛昌さん、谷口ジローさんを輩出した鳥取県。今年、「まんが王国とっとり」の建国を宣言した。

 鳥取市は、父に心を閉ざした過去を悔い、同市を舞台にした「父の暦」や「遥(はる)かな町へ」などの作品がある谷口さんの生まれ故郷。市内の「わらべ館」には、谷口さんの作品コーナーやサイン入り本など関連品が展示されている。

 
青山剛昌ふるさと館では、名探偵コナンのキャラクターたちが出迎えてくれる=鳥取県北栄町で(佐藤撮影)

青山剛昌ふるさと館では、名探偵コナンのキャラクターたちが出迎えてくれる=鳥取県北栄町で(佐藤撮影)

 「名探偵コナン」の作者、青山さんが生まれ育ったのは、日本海沿いで砂丘の美しい北栄町だ。人口約1万6000人。砂地の畑が広がり、農業が盛んだ。町へ入ると、予想していた以上に、コナン関連のオブジェが目についた。

 JR山陰線由良駅前から道の駅「大栄」までの1.4キロは、「コナン通り」と名付けられ、コナンに登場するキャラクター12種13体のブロンズ像が設置されている。途中の橋も「コナン大橋」。図書館では、等身大の工藤新一(江戸川コナンの本名)のブロンズ像が出迎えてくれた。

 通り沿いの「青山剛昌ふるさと館」では、コナンに登場するトリックの仕掛けなどが体験できる。町内を通る山陰線の鳥取-米子間では、車体にコナンのキャラクターを描いたイラスト列車が走り、秋の山陰路を“コナン旋風”が駆け抜ける。

 県内3ブロックで開かれている、まんが王国の関連イベント「国際まんが博」のうち、中部ブロックの倉吉市で開かれていた会場を訪ねた。水木さんの「ゲゲゲの鬼太郎」の漫画などが展示され、気持ちはすっかり少年に戻った。

東郷池のほとりにたたずむはわい温泉=鳥取県湯梨浜町で(佐藤撮影)

東郷池のほとりにたたずむはわい温泉=鳥取県湯梨浜町で(佐藤撮影)

 この日の宿は、旧町名の「羽合(はわい)」から、“日本のハワイ”として知られるようになった「はわい温泉」(同県湯梨浜(ゆりはま)町)。温泉は、周囲約14キロ、県内2番目の広さを持つ東郷池(地元では東郷湖と呼ぶ)のほとり。夕暮れ時に水面を眺めているだけでホッとする。島根県の宍道湖と並びシジミ漁が盛んな汽水湖で、朝食のシジミ汁は格別だった。

 砂丘に温泉、まんが王国。癒やしのスポットにあふれた旅を満喫した。

 文  佐藤史朗
 写真 草野達雄

(2012年11月9日 夕刊)

メモ

地図

◆交通 
鉄道は、JR特急「スーパーはくと」が京都-鳥取、倉吉駅を結んでいる。
岡山駅からは米子、松江、出雲市駅まで特急「やくも」、鳥取駅まで「スーパーいなば」がある。北栄町へは山陰線で。羽田空港からは鳥取、米子の両空港まで定期便がある。

◆問い合わせ 
鳥取県観光政策課=電0857(26)7218

おすすめ

白壁の土蔵

白壁の土蔵

★山陰デスティネーションキャンペーン(DC)
12月31日まで。鳥取県、島根県、JR6社などによる観光キャンペーン。
詳細はHPで。

★青山剛昌ふるさと館
11月~3月は午前9時半~午後5時、入館料大人700円、中高生500円など。
コスプレ衣装の貸し出しも。電0858(37)5389

★鳥取砂丘
砂の美術館 午前9時~午後8時(入場7時半まで)、大人600円、小中高生300円。
電0857(20)2231

★倉吉・白壁土蔵群
倉吉市の玉川沿いに江戸、明治時代に建てられた白壁の土蔵が並ぶ。
風情ある街歩きが楽しめる。白壁土蔵群・赤瓦観光案内所=電0858(22)1200

★はわい温泉
東郷池から湧き出る源泉湯量が豊富で、天然掛け流しが自慢。

★国際まんが博
25日まで東部(鳥取市)、中部(倉吉市)、西部(米子市)で開催。
鳥取県文化観光局まんが王国官房=電0857(26)7238

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外