【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 日田市
日田市

日田市 大分県 昔ながらの町に修復

江戸時代のたたずまいを感じながら歩ける豆田地区の町並み=大分県日田市で

江戸時代のたたずまいを感じながら歩ける豆田地区の町並み=大分県日田市で

 「この辺も大きな被害が出たんです」。瓦ぶきに漆喰(しっくい)の白壁、長屋からせり出した板張りの軒下など、江戸時代の町並みが続く大分県日田(ひた)市豆田地区。案内してくれた市観光課の牛王(ごおう)賢治さんが指さした先には、7月の九州北部豪雨で堤防が決壊した花月川が見えた。地区の一部には膝上まで水が流れ込み、河岸では今も復旧作業が続いている。

 古代から交通の要衝で、江戸時代には幕府の直轄地として栄えた日田。碁盤目状の町並みに旧家などが50軒ほど立ち並び、2004年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。といっても、今のような姿になったのは30年ほど前のこと。寂れた商店街だった一帯を観光の名所としてよみがえらせたのだ。

 国指定重要文化財にもなっている豪商の旧家「草野本家」は、江戸時代の建築。「薫長(くんちょう)酒造」は元禄から大正時代に建てられた蔵を今も使い、清酒や焼酎を製造する。土産物店や民家も、江戸や明治の建築物に“逆修復”されている。昔ながらの工法を用いるため、一軒を修復するのに2年近くかかるというが、「町のため、この形で後世に残したい」と牛王さんは話す。

平安時代後期に建てられた木造建築の国宝、富貴寺=豊後高田市で

平安時代後期に建てられた木造建築の国宝、富貴寺=豊後高田市で

 昼食は同県豊後高田市の「旅庵蕗薹(りょあんふきのとう)」で。九州で一番古い平安時代後期の木造建築で国宝、富貴寺の隣に立つ民宿だ。そば職人として腕をふるう河野順祐(じゅんゆう)さん(31)は、いずれ同寺21代目の住職に。「町の観光に役立つなら」と3年間、よそで修業し、民宿のメニューに加えた。

 振る舞ってくれたそばはもちっとした食感を重視し、香りがなくならないよう、麺を細くしてゆで時間を短くするなど工夫を凝らす。一緒に食べたピーナツ豆腐も地元名産のピーナツを使い、弾力、甘みとも十分で食べ応えがあった。

 

 人気温泉地、湯布院(同県由布市)の公民館では、県立由布高校郷土芸能部による庄内神楽を見せてもらった。演目は「国司(くにつかさ)」。庄内独特といわれる速いテンポのおはやしに乗せ、激しく剣をふるい続ける勇壮な舞に息をのむ。ひょっとこが登場すると一転、おどけて客席まで下り、観客をいじる姿に笑いがわき起こった。

神楽「国司」を舞う由布高校郷土芸能部員たち=由布市で

神楽「国司」を舞う由布高校郷土芸能部員たち=由布市で

 湯布院では神楽が驚くほど生活に根付いている。神社がそれぞれ神楽座を抱え、子どもたちは保育園や幼稚園から神楽を舞う。「前の代から次の代へ、リレーのように伝統を受け継いでいけるのが魅力」と話すのは3年の森祐也さん(18)。由布高校の公演が見られるのは毎年11月の庄内神楽祭りだけだが、他の神楽座は月に1、2度、一般公開されている。

 帰りは由布院と博多を結ぶJR九州の特急「ゆふいんの森号」に乗った。ビュッフェやサロンも併設され、ぜいたくな旅を楽しめる人気車両。車内では子どもたちが駅員の制服を着て記念撮影するなど、思い出づくりに歓声を上げていた。

 文・写真 久野千恵子

 (2012年12月07日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
日田市へは福岡空港からのバス便が便利。
福岡空港までは東京(羽田)、名古屋(中部国際、小牧)などから定期便がある。
日田から湯布院へはJR久大線で。
豊後高田はJR日豊線・宇佐駅からバスで。

◆問い合わせ 
日田市観光協会=電0973(22)2036、由布市商工観光課=電0977(84)3111、
豊後高田市観光協会=電0978(22)3100

おすすめ

ゆふいんの森号

ゆふいんの森号

★庄内神楽
月に1度土曜日に由布市の湯布院公民館で。
5~10月(8月を除く)の第3土曜日には同市庄内総合運動公園の神楽殿でそれぞれ一般公開している。庄内振興局地域振興課=電097(582)1111

★ゆふいんの森号
由布院-博多間(1日2往復)、別府-博多間(1日1往復)を走り、レトロな雰囲気を堪能できるリゾート特急。車内で買えるゆふいんの森弁当は、早々に売り切れる人気商品。
詳細はHPで。

★薫長酒造
江戸時代に建てられた酒蔵の2階が酒蔵資料館で、酒造りの一部を見学できる。
阿蘇山や由布岳から日田盆地に流れ込む清水を使った清酒や焼酎は口当たりも滑らか。
電0973(22)3121

★旅庵蕗薹
豊後高田市では、春と秋2回新そばが味わえる。
JR宇佐駅からタクシーで約30分。
電0978(26)2668

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外