【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. プロバンス地方
プロバンス地方

プロバンス地方 フランス 連なる城下 一幅の絵

「フランスで最も美しい村」の1つ、ゴルドの遠景=プロバンス地方で
「フランスで最も美しい村」の1つ、ゴルドの遠景=プロバンス地方で

 うねうねと続く県道D15の坂道を車で上って行くと、フランス・プロバンス地方の「天空の村」、ゴルドが全容を現した。

 頂にある城を起点に、蜂蜜色をした石造りの家が棚田に似た連なりを見せる。雲間から太陽の光が差すたびに陰影が強調され、村全体が1つの城のように浮かび上がる。かつて外敵から身を守るために造られた姿は、厳しく研ぎ澄まされた景観を生み出す。

 村の中を歩くと、ごつごつとした石畳の道ばかり。車どころか、人がようやく擦れ違うほどの幅しかない所も。古い家々が迷路のように立ち並ぶ。冬に吹き付ける北風「ミストラル」に痛めつけられてか石の表面はすすけているが、扉や窓板は淡い緑やオレンジ色で彩られ、住民が植えた花で飾られている。

 絵本で見たような何百年と変わらない姿を、21世紀まで村全体で残している。感じるのは、こうした場所を「フランスで最も美しい村」として全国組織の協会が表彰し、大切に保存し続ける住民意識の高さだ。

 プロバンス一帯は、歴史に翻弄(ほんろう)された土地だったという。紀元前6世紀にはギリシャ人が入植。ローマ帝国への編入と帝国崩壊。14世紀には法王庁が置かれ、栄華を極めた。これらの歴史遺産も数多い。

2000年以上前に造られた巨大な水道橋=ポン・デュ・ガールで

2000年以上前に造られた巨大な水道橋=ポン・デュ・ガールで

 ポン・デュ・ガールのガルドン川にかかる水道橋。2000年以上前、古代ローマ人はどれほど高度な技術を持っていたことか。1キロでわすか24センチという微妙な勾配をつけた巨大な導水路は、今も一部が健在。歩いて渡れる強度を誇る。

 城壁に囲まれたアビニョン。町の中心にそびえる旧法王庁は、1万5000平方メートルの広大な敷地と威容がまさに権威の象徴という圧倒感を放つ。

 芸術家たちもこの地を愛した。例えば、コクトーが映画「オルフェの遺言」を撮影した村、レ・ボー・ド・プロバンス。映画に幻想的な雰囲気を与えた白い石切り場は現在、近くのアルルで共同生活を送ったゴッホとゴーギャンの名画を、白い壁に音楽とともに映し出す美術館として新名所になっている。

 
搾りたてを試飲させてくれたオリーブオイル工場=レ・ボー・ド・プロバンスで
搾りたてを試飲させてくれたオリーブオイル工場=レ・ボー・ド・プロバンスで

 むき出しの石切り場から望むと、平らな大地には見渡す限りのオリーブ畑が広がる。

 レ・ボーのオリーブオイルは、ワインと同様に政府機関が厳しく管理する原産地統制呼称制度(AOC)で認定されている。麓の生産者、カステラスの採油所を見学させてもらった。

 畑ごとに収穫した実から、24時間以内に低い温度のままオイルを抽出するんだと、オーナー家のマダム・ユーグが熱心に説明してくれる。造り方までワイン醸造に似たオイルは、この地の強い日差しのように緑がかった金色に光る。まろやかな味が舌に広がり、のど越しにわずかな苦み。「それが一番果独特の風味。自慢の味なの」と話すマダムの笑顔もまぶしい。

 プロバンスでは、五感に触れるすべてが心地よく、記憶に深く刻まれる。

文・写真 坂口千夏

(2013年1月18日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
成田、羽田、関西国際空港からパリのシャルル・ドゴール空港まで、直行便で12時間前後。プロバンスの各地を回るには、アビニョン(パリからTGVで3時間程度)などの大きな街を拠点に動くと便利。行き先によっては本数は少ないが、バスや鉄道でも移動できる。
公共交通機関がない小さな村へは、レンタカーやタクシーを利用するか、有料のバスツアーもある。

◆問い合わせ
フランス観光開発機構=電03(3582)6965=が日本語のホームページで基本情報などを提供。

おすすめ

サン・ベネゼ橋

サン・ベネゼ橋

★サン・ベネゼ橋 
「アビニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ・・・」の童謡で世界的に知られるローヌ川に架かる橋。
建造当時は、アビニョンの法王庁宮殿側から対岸の塔まで全長900メートル、22のアーチがあったが川の氾濫などで破壊され、現在は4つのアーチと礼拝堂を残すのみ。
入場料は一般4.5ユーロ。

★セナンク修道院
ゴルドから数キロほど。
1148年の創建当時の姿を残す建物内は、時間指定のツアーでのみ見学可能
(一般7ユーロ)。
周囲には一面のラベンダー畑が広がり、開花時期には修道院の美しさを引き立てる。

★シャトーヌフ・デュ・パプ
アビニョンから車で北へ30分ほどのところにある村でワインの名産地。
「法王の新宮殿」の名の通り、村の頂には法王ヨハネ22世が14世紀に築いた城跡がある。

歴史・文化の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

歴史・文化のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外