【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 台南市
台南市

台南市 台湾 歴史伝える一本の巨樹

レトロ感あふれる雰囲気が市民に人気の「知事官邸・音楽会館」
レトロ感あふれる雰囲気が市民に人気の「知事官邸・音楽会館」

 台湾・台北から南下し、北回帰線を越え台南市まで来ると、気候は亜熱帯だ。1月というのに最高気温は23、4度。同市に昭和天皇ゆかりのガジュマルがあると聞いて足を運んできた。市民に親しまれ、台湾一と称されているという。

 日本は1945(昭和20)年までの50年間、台湾を統治し、「台南州」を置いていた。台鉄台南駅から歩いて「知事官邸・音楽会館」という2階建ての洋館に向かった。日本時代の11(明治44)年、州知事の官邸として建てられた。昭和天皇が皇太子だった23(大正12)年4月20日に当地を訪れた際、ここの2階に宿泊した。

 戦後、建物は荒れていたが、歴史の見直しを進めた台南市が修復し、2011年に公開した。1階はレストラン、2階はホールと皇太子宿泊の部屋。落ち着いたレトロ感あふれる雰囲気は市民の人気だ。

 皇太子宿泊の部屋は中国語で「皇太子御座所、御寝室」と書かれていた。立ち入り禁止だが、ドアは開けられ中を見ることができ、ソファなどが再現されていた。

 バルコニーから見ると、そばにコンクリートむき出しの防空壕(ぼうくうごう)が見えた。市職員の劉一芬さんの説明では、修復の際に1階の床に大きな鉄板が見つかった。開けてみると、二方向への抜け穴の入り口だった。一方は防空壕へ、他方は駅のほうへ向かっていた。「皇太子訪問で、(有事に備えて)造ったといわれています」。現在、鉄板はガラス板に替えられ、抜け穴の入り口の階段を見ることができる。

 劉さんは「以前、日本から議員訪問団が来訪された際、市長はここの2階で歓迎宴を催しました。皆さんとても喜ばれたと聞いています」と話した。

昭和天皇が皇太子時代に記念植樹したガジュマル。市民の憩いの場になっている

昭和天皇が皇太子時代に記念植樹したガジュマル。市民の憩いの場になっている

 皇太子は官邸近くの高等工業学校の庭にガジュマルの苗木を記念植樹した。同校は戦後、オランダ勢力から台湾を取り戻した地元の英雄、鄭成功(1624~62年)にちなみ成功大学になった。

 その木は大学内の芝生の広場にあり、大きさに圧倒された。大学内の出入りは自由。木の下で武術の練習やサッカーに興じる子どもたち、犬をのんびりと散歩させる老夫婦ら。和やかな午後の時間が流れる。ガジュマルの下は日が差さないため草が生えず、大きな円になっている。その周囲を記者の足で測ってみると、128歩もあった。

 木のそばに03年に置かれた中国語、英語、日本語による碑があった。日本語で「・・・日本天皇裕仁の皇太子たりし頃に自ら植えられしものと伝えらる・・・70万市民の休息の勝景にして、遠近に名を馳(は)せる所なり・・・」(原文のまま)と記してあった。一本の木が歴史を伝えている。

 
うっそうとしたマングローブのトンネルを巡るツアー=いずれも台湾・台南市で
うっそうとしたマングローブのトンネルを巡るツアー=いずれも台湾・台南市で

 翌日、車で約40分ほどの海岸にある安平区へ。いかだ船でマングローブの水路を巡るツアーに参加した。狭い水路、両側から迫る木々は緑のトンネルをつくり、船はその中をゆっくり進む。サギ類など水鳥、シオマネキなどのカニや魚も見え、旅の楽しさを満喫した。

 台湾と中国の関係改善で、台湾はいたるところで、中国からの団体観光客が目につく。台南一番の観光名所で鄭成功が拠点にした城跡の赤●楼(せきかんろう)で、一団に「台南はおもしろい?」と声をかけると、男性客が「とても楽しい」と笑った。
(注)●は山かんむりの下に土ヘンと欠

文・写真 草間俊介

(2013年1月25日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
台南市へは台北駅、桃園駅から台湾新幹線(高速鉄道)で高鉄台南駅へ。
台北駅からは普通車指定席は片道大人1350元(1元=約3円)。
新幹線、在来線(台鉄)それぞれ台南駅があるので注意。

◆問い合わせ
台湾観光協会東京事務所=電03(3501)3591

おすすめ

赤●楼(●は山かんむりの下に土ヘンと欠)

赤●楼(●は山かんむりの下に土ヘンと欠)

★知事官邸・音楽会館
台鉄台南駅から徒歩約10分、入場無料、月曜休館、午前10時~午後6時。
1階のレストラン「官邸西菜館」は午後9時ごろまで営業。
成功大学は同駅の前。

★マングローブ巡り
台南市安平区の四草大衆廟(びょう)の裏から発着。
約1キロの水路を約30分かけて往復する。大人150元。
月-金は午後2時半、土日休日は随時。

★赤●楼
17世紀にオランダが築城し、鄭成功がオランダの勢力を追い払い、拠点にした。
入場料大人50元、午前8時半~午後10時。夜はライトアップされる。
赤●楼近くには、「大天后宮」「台湾首廟天壇」、あるいは日本時代建築の「州庁舎」「愛国婦人会館」など見どころ多数、歩いて回れる。

★孔子廟
儒教の祖の孔子をまつる。1665年の創設で台湾最古の孔子廟。日本時代の1917年に修復され現在の姿になった。
大成殿など本堂に入るには入場料(大人50元)が必要、午前8時半~午後5時半。周辺は公園。台鉄台南駅から徒歩約15分。

★阿堂鹹粥
中華がゆの名店。サバヒー(魚)が入ったおかゆがお薦め。1杯50元~。早朝から正午ごろまで営業。

(注)●は山かんむりの下に土ヘンと欠

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外