【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 奥入瀬渓流
奥入瀬渓流

奥入瀬渓流 青森県十和田市 心癒やす銀世界の散策

雪深い奥入瀬渓流で雪の上の散策を楽しむ人たち

雪深い奥入瀬渓流で雪の上の散策を楽しむ人たち

 冷たい雪が舞い、頬に当たる。横風がやや強まった。軽い吹雪。だが、歩いているからか、寒さはあまり感じない。やや汗ばむほどだ。

 青森・秋田県境の十和田湖から太平洋岸に流れる延長約70キロの奥入瀬(おいらせ)川。その上流部、約14キロが奥入瀬渓流だ。3月中旬、雪に埋もれた山間部の渓流沿いを歩く体験ツアーに参加した。

 ウインタースポーツ用のスーツ上下と手袋、帽子、靴を借りる。「完全防寒態勢」だ。雪上では、自分の重みで雪にはまってしまい、靴だけではうまく歩けない。だから、靴の上から雪上歩行具「スノーシュー」も履く。

 道路から渓流沿いに下りた。トチノキやカツラなどが茂る森だ。降り積もった雪。だが、軟らかい新雪は、表面部分の厚さ数センチだけ。その下の雪は、既に凍りついている。

 ゆっくりと歩く。人家も何もない。だれかとすれ違うこともない。透明なガラスのように、完全に凍った滝は、自然が創り上げた芸術作品のように見える。

冬の寒さで凍りついた滝=いずれも青森県十和田市で

冬の寒さで凍りついた滝=いずれも青森県十和田市で

 音のない世界。だが、耳をよく澄ますと遠くから、鳥のさえずりがかすかに聞こえてくる。点々と雪の上に続くテンの足跡、岩に張り付いた緑色のコケ・・・。命は、雪の中でも躍動している。春の訪れを待ちながら。

 ブラブラと散策を続ける。雪に埋もれた遊歩道ではなく、道なき道をゆっくりと歩く。ただ、それだけのことで、心が癒やされる。

 「最高のぜいたくです」と、案内してくれた地元・十和田市のアウトドアツアー会社「ノースビレッジ」のチーフガイド、丹羽裕之さん。1時間ほど歩いた後、短い休憩時間のティータイムになった。スコップで、氷のように硬い雪を直径1メートルほどのドーナツ状に、中をくりぬくように掘る。中央に残った丸い部分をテーブル代わりにして、外側に腰を下ろし、丹羽さんが入れてくれた紅茶をすすると、体の芯から温まった。暖房の効いた室内で飲むのとは違う味の一杯。カップの中に雪が舞い込んだ。

 

 周囲46キロの十和田湖や温泉、スキー場など、奥入瀬渓流の周囲に観光名所は少なくない。その中で異彩を放つのが、十和田市生まれの元プロレスラー、起田(おきた)高志さんが「コケ玉」づくりを指導する「奥入瀬渓流館」だ。

奥入瀬渓流館で制作を楽しめるコケ玉

奥入瀬渓流館で制作を楽しめるコケ玉

 奥入瀬を彩る緑色のコケ。コケ玉づくりの体験教室では、山野草などの根をコケで包んで球状にして、糸を巻き付けて形を整える。部屋に置けば、いつでも奥入瀬を身近に感じられるインテリアになりそう。トレードマークとして、コケの緑色のベレー帽をかぶった起田さんが、完成後の管理方法まで丁寧に教えてくれる。

 自然の魅力にあふれる奥入瀬。遊歩道が整備され、夏の観光シーズンには自然観察やサイクリングなどを楽しむ人たちが集まる。だが、豪雪地帯だから、冬は雪に埋もれてしまう。

 夏のにぎわいはなくても、雪国特有の閑散とした味わいがある。その冬景色もまた、いい。本格的なアウトドア派だけでなく、だれでも気軽に楽しめるスポットだ。

 文・写真 萩文明

(2013年3月29日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
奥入瀬渓流へは、青森空港から車で約1時間30分。
東北新幹線・七戸十和田駅と八戸自動車道・下田百石ICからは車で約50分。
青森空港へは県営名古屋空港から直航便がある。

◆問い合わせ
青森県十和田市観光協会=電0176(24)3006。
奥入瀬渓流館=電0176(74)1233。
「ノースビレッジ」社=電0176(70)5977

おすすめ

バラ焼き

バラ焼き

★宿泊施設
奥入瀬渓流の周辺には温泉付きホテルや旅館がある。
「奥入瀬森のホテル」=電0176(70)5000=は露天風呂やサウナが楽しめる。

★バラ焼き
十和田市は庶民の味としてバラ焼きが有名。
牛バラ肉とタマネギを焼いて、しょうゆベースの甘いたれで味付けする。
ご飯に載せたり、酒のつまみにするなど、食べ方は多様。
市街地を中心に焼き肉店やドライブインなど80店以上で味わえる。
ご当地B級グルメの祭典「B-1グランプリ」で3年連続入賞中。

★八戸市
太平洋岸まで足を延ばせば、東北新幹線の停車駅がある八戸市。
B-1グランプリで有名になった「せんべい汁」が食べられる。
三陸沖で捕れる「八戸前沖さば」は絶品。
散策を楽しめる「種差海岸」やウミネコが集まる蕪島(かぶしま)、勇壮な山車の「八戸三社大祭」、屋台が並ぶ「みろく横丁」、市埋蔵文化財センター是川縄文館に展示されている国宝の「合掌土偶」など、見どころが多い。

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外