【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 秩父
秩父

秩父 埼玉県 水が育む景勝と特産品

水しぶきが上がり、スリル満点の長瀞ライン下り=埼玉県長瀞町で

水しぶきが上がり、スリル満点の長瀞ライン下り=埼玉県長瀞町で

 「キャー、水しぶき!!」

 和船に乗った客たちが一斉に船べりに備えられた透明のビニールを頭上にかぶせた。おだやかな水面が、川幅が狭くなるにつれて激流に変わる。船が揺れ、水をはじく。強い日差しが降り注ぎ、キラキラと輝く。暑さを忘れる瞬間だ。

 埼玉県秩父地方を流れる荒川で繰り広げられる長瀞(ながとろ)ライン下り。長瀞町の親鼻橋から岩畳までの3キロコースに乗った。いろいろな表情を見せる岩肌とうっそうとした川辺の緑。その間を縫うように流れる川。自然を眺めているだけで20分はあっという間に過ぎる。川は東京湾にまで続いている。かつて、この流れを利用して木材が東京の木場まで運ばれていたという。

 船を下りると、岩畳通り商店街が目の前に現れる。長さ800メートルの通りに土産物屋や食堂が並ぶ。漬物や豆菓子が懐かしい。

 長瀞には、秩父ですっかり有名になった阿左美冷蔵(支店)の天然氷を使ったかき氷があった。天然氷とは冬の間に水を自然に凍らせて、夏まで保冷しておくのだ。この辺りは盆地で夏は暑く、冬は川が凍るほど冷える。山から流れ出る水のおいしさには定評がある。天然かき氷はあるべくしてある地元の必需品かと思いきや、その歴史はまだ20年だという。

1900年前に創建されたという宝登山神社=埼玉県長瀞町で

1900年前に創建されたという宝登山神社=埼玉県長瀞町で

 阿左美冷蔵は1890年に創業した老舗。6代目主人の阿左美幸成さん(38)は「昔、この地方で養蚕業が盛んだったころ、夏にカイコ部屋を冷やすために氷を使ったりした」と説明する。かき氷の種類は約10種。今や大人気。

 秩父は水がいいので、氷に限らず、そばや日本酒、ウイスキーなど名産品は多い。

 秩父地方は、秩父市と長瀞町など一市四町からなり、「地質学発祥の地」といわれるほど、鍾乳洞、渓谷、鉱泉、段丘など珍しい地形、地質が各地で見られる。このため、「日本ジオパーク」にも認定された。ライン下りの美しい風景もその1つだ。

 
三峰口駅で方向転換する転車台の上のC58=埼玉県秩父市で

三峰口駅で方向転換する転車台の上のC58=埼玉県秩父市で

 古い文化遺産も多く、観音霊場を巡る秩父札所巡りは、坂東三十三所、西国三十三所とともに日本百番観音にかぞえられている。「ミシュラン・グリーンガイド フランス語版」で1つ星に認定された宝登山(ほどさん)神社(長瀞町)は約1900年前に創立。日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、宝登山(497メートル)に登って神霊を拝したという。その時の話が創立の起源だという。

 また、地元で「銭神様」と呼ばれ、金もうけの神様として人気の聖(ひじり)神社(秩父市)は、1305年前に創立。日本最初の流通貨幣「和同開珎(わどうかいちん)」の銅が採掘された地に建てられている。

 秩父といえば蒸気機関車(SL)を忘れてはいけない。秩父鉄道が「SLパレオエクスプレス」と銘打ったC58形蒸気機関車が、熊谷駅(埼玉県熊谷市)-三峰口駅(秩父市)の間を往復している。三峰口駅では転車台で方向転換する光景を見ることができる。SLといっても客車はエアコンが効いて快適。SL弁当やおもちゃなどの土産物の販売があって楽しかった。

 文・写真 吉岡逸夫

(2013年8月16日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
名古屋から長瀞へは、上越新幹線・熊谷駅で秩父鉄道に乗り換え、長瀞駅で下車。
熊谷駅から長瀞駅までは約50分。車は関越自動車道・花園ICから約35分。

◆問い合わせ
長瀞町観光協会=電0494(66)3311。秩父市観光課=電0494(25)5209

おすすめ

わらじかつ丼

わらじかつ丼

★長瀞ライン下り
今年は12月5日まで。午前9時~午後4時。長瀞駅前の発券所から送迎バスがある。親鼻橋-岩畳-高砂橋を運航、乗る距離により、大人1550~2900円。荒天や増水時は休止。SL運転日には、時刻が合えば、荒川橋梁(きょうりょう)を渡るSLが見られるかも。電0494(66)0950

★SLパレオエクスプレス
土休日中心に、熊谷駅-三峰口駅を1日1往復運転。C58が客車をけん引。SL座席指定席は運賃プラス700円、自由席は同じくプラス500円。運転日、時刻など詳細はHPで。

★宝登山神社
秩父神社、三峯神社と並び秩父三社の一つ。長瀞駅から徒歩約15分。近くに宝登山ロープウェイがあり、宝登山山頂まで行ける。大人往復800円。

★西武秩父仲見世通り
秩父市の西武秩父駅構内で「お土産処」や「味処」が軒を連ねている。名物は「わらじかつ丼」。カエデの樹液のサイダーやアイスクリームも、秩父ならではの味だ。電0494(22)7111

首都圏・関東の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

首都圏・関東のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外