【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 修善寺
修善寺

修善寺 静岡県伊豆市 富士も人も誇らしげ

ニューヨーク万博に政府が出品した写真パネルと、ほぼ同じアングルからの富士山

ニューヨーク万博に政府が出品した写真パネルと、ほぼ同じアングルからの富士山

 「どうです、いいでしょう」-。地元の男性が、自慢げにささやいた。日本の象徴ともいえる富士山(3776メートル)は、葛飾北斎の富嶽三十六景や現代の新富嶽百景など、さまざまな眺望がよしとされている。個人的には、“三保松原”からの眺めを好いているのだが、静岡県の伊豆市観光協会修善寺支部が推奨する達磨山(982メートル)中腹から眺めてみた。

 その眺望ポイントは標高620メートルの「だるま山高原レストハウス」のすぐそばにあった。富士山の手前に青々とした駿河湾、左方に南アルプス、右方向には箱根連山が見渡せた。「おー、なるほど」と思わせる絶景だった。

修善寺温泉のシンボルでもある「独鈷の湯」。無料で足湯が楽しめる

修善寺温泉のシンボルでもある「独鈷の湯」。無料で足湯が楽しめる

 推奨の理由を修善寺支部長の鈴木茂樹さんに聞くと「ここからは、山頂からすそ野までが見渡せ、最高のアングル。国からの“お墨付き”もいただいており、眺めは日本一と自負しています」。

 その、お墨付きとは1939(昭和14)年のニューヨーク万博に政府が出品した縦8.1メートル、横32.4メートルの巨大写真パネル「秀麗富士」。当時の鉄道省国際観光局は、大手電気機器メーカー「コニカミノルタ」(東京都)の前身「小西六」に写真パネルを発注した。

 コニカミノルタの広報担当者によると、「小西六は関係会社の六桜社に業務を委託し、8人の視察撮影隊を編成。4班に分かれ、富士山周辺の静岡、山梨、長野の3県を約2カ月がかりで回り、日本画家の横山大観が愛したといわれる達磨山からの眺めに決まったようです」とのこと。

桂川沿いにある「竹林の小径」。行楽客にも人気のゾーンだ=いずれも静岡県伊豆市修善寺で

桂川沿いにある「竹林の小径」。行楽客にも人気のゾーンだ=いずれも静岡県伊豆市修善寺で

 地元では、「修善寺温泉に長期滞在していた作家吉田絃二郎が六桜社の技師を達磨山に案内したところ、“日本一の富士山の撮影地は、ここ以外になし”と万博前年の10月下旬早朝、原板6枚をつなげて撮影した」との逸話が残っている。

 ふもとの修善寺は、清流の桂川(正式名は修善寺川)を挟んで温泉旅館が立ち並ぶ。地名の由来ともなった修禅(しゅぜん)寺は、かつて山門が3キロも先にあったといい、広大な寺領を誇っていた。鎌倉幕府の二代将軍源頼家は、この寺に幽閉中、北条氏に暗殺された。門前の橋を渡り、坂道を100メートルほど行くと、頼家の小さな墓があった。墓の近くには、母親の北条政子が息子の供養のために建立した指月殿。わが子を手にかけた実家への思いをかかえながら、気丈に生きた政子の苦悩がしのばれる。

 修禅寺前の河原には、屋根付きの「独鈷(とっこ)の湯」があり、川のせせらぎを聞きながら足湯が楽しめる。現在は源泉が枯れ、別の場所から源泉をパイプで送っているが、今も温泉街のシンボルだ。

 川沿いの散策道「竹林の小径(こみち)」は、気分を変えるのにいいゾーン。中ほどに竹で作った直径5メートルほどのいすがあり、あおむけに寝転ぶと竹の緑と青空のコラボレーションが楽しめる。

 富士山は昨年6月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録され、登山者や周辺の行楽客が増えている。修善寺に滞在した3日間は好天続きで、富士山は連日、感動を与えてくれた。地元の人たちにとって、達磨山からの眺望は郷土の自慢。だるま山高原レストハウスで働く女性は「富士山が見えた日は、何かいいことがありそう、なんて幸せな気分になりますよ」と、愛(め)でるようなまなざしだった。

(2014年1月10日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
修善寺へは新幹線・三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換え修善寺駅まで約40分。東名高速道路・沼津ICから約1時間。2月11日からは連結の有料道路が開通し約30分に短縮される。

◆問い合わせ
伊豆市観光協会修善寺支部=電0558(72)2501

おすすめ

地元産の葉付きワサビを添えたそば
地元産の葉付きワサビを添えたそば

★修善寺 虹の郷
自然と文化をテーマにした公園。英国製のミニ蒸気機関車で引く列車が走り、手すき和紙や木工、染色などの体験ができる。入園料は中学生以上1000円、4歳から小学生500円。主に火曜定休だが、事前確認がお勧め。電0558(72)7111

★道の駅「天城越え」
伊豆市湯ケ島の国道414号沿いにあり、特産のワサビや関連の加工品などを販売。道の駅内の伊豆近代文学博物館(有料)では、ノーベル賞作家川端康成自筆の「伊豆の踊子」の原稿などを展示している。第3水曜定休。道の駅=電0558(85)1110

★そば食べ歩き
修善寺には、レベルの高いそば店がいくつもあり、ぜひ味わいたい。辛みに、地元産の葉付きワサビを添えたそばを提供する店もある。

★国史跡・韮山反射炉
修善寺からほど近い伊豆の国市にある。江戸時代末期に幕府の命で造られ、数多くの大砲が鋳造された。稼働した反射炉で現存するのは、世界でもここだけという。入場料は大人100円、小中学生50円。年末年始のみ休み。電055(949)3450

静岡の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

静岡のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外