【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. ルソン島
ルソン島

ルソン島 フィリピン 美しい「天国への階段」

山上の展望台から見る広大な棚田。世界文化遺産に登録されている=フィリピン・ルソン島北部のマヨヤオで

山上の展望台から見る広大な棚田。世界文化遺産に登録されている=フィリピン・ルソン島北部のマヨヤオで

 確かに、天国への階段だ-。フィリピンのルソン島北部、標高1000メートル級の山々が広がるマヨヤオという町で、棚田を見て、素直にそう思った。高さもあり、広さもある。この周辺にある棚田は世界最大級の規模を誇り、「コルディリェーラの棚田群」として1995年、世界文化遺産に登録された。棚田は欧米の観光客から「天国への階段」と呼ばれ、人気がある。

 マヨヤオは人口2万人余の山あいの町で、首都マニラからバスを乗り継いで10時間以上かかった。大都会のマニラから来ると、眼前に広がる棚田と周囲の村は、日本人にはどこか郷愁を誘う。標高が高く、涼しい。そよぐ風も日本に近い気がした。ただ、日本と違って南の島らしく、米は年に2、3回取れる。こちらで稲刈り、向こうでは田植えという光景も見られる。

 棚田は2000年以上の歴史を誇り、耕してきたのは現地の言葉で「地上の人間」を意味する山岳民族イフガオ族だ。イフガオは州の名にもなっている。

 この棚田群の世界遺産登録は、日本各地の棚田の保存運動にも影響を与えたと聞いた。

ドジョウの養殖を指導する渡辺樹里さん(右)=マヨヤオで

ドジョウの養殖を指導する渡辺樹里さん(右)=マヨヤオで

 棚田に「ジャパニーズフィッシュ(日本の魚)」と呼ばれる魚が生息すると聞いて、近くの村に足を運んでみた。ちょうど青年海外協力隊員の渡辺樹里さん(25)が、農家の主婦エルノラ・バラホさんに捕獲器の作り方やエサの与え方、ホルモン注射の打ち方などを教えているところだった。

 見せてもらうと、日本でよく見るドジョウだった。地元の人たちは第二次世界大戦の時、日本軍が持ってきたと思い、そう呼んでいる。ドジョウは食用で、現地では高級魚の扱い。

 エルノラさんは「ドジョウは焼いて食べるのが一番。20匹で100ペソ(約230円)ぐらいにはなる。増やしてレストランに売りにいく」と話した。これもまた山に生きる民の知恵なのだろう。

 マヨヤオの周辺は第二次世界大戦で、日本軍が米軍と戦闘を交えた。一時期、日本軍が占領したこともあり、地元が建てた戦争記念塔もある。しかし、反日の雰囲気はない。村で出会った老人は、「夕焼け 小焼けの~」などと日本の童謡を歌ってくれた。ルソン島北部の中心都市バギオには、日本人会が今もある。

 村で淡水魚のティラピアと豆の料理、そして棚田で作った米のご飯をいただいた。料理は香辛料が少なく、やさしい味、ご飯とよく合った。

タール湖に浮かぶタール火山(中央)=フィリピン・カビテ州のタガイタイで

タール湖に浮かぶタール火山(中央)=フィリピン・カビテ州のタガイタイで

 マヨヤオからマニラに戻った。今度はマニラから南へ70キロほどのタガイタイへ。ここは高原の避暑地として人気が高い。周囲約40キロのタール湖と、湖の中にあるタール火山が有名。湖畔のレストランで美しい景色を眺めながら、湖で捕れた魚料理を楽しんだ。

 さらに南へ。人口約30万人のルセナという町で、思いがけず車いすで生活する3人の日本人男性とその家族に出会った。3人とも現地の女性と結婚し、子育てしながら暮らしていた。そのうちの1人は「生活費が安いので、日本の年金で一家を養っていける」と話していた。生活費が安いだけではなかろう。3家族とも幸せそうに見えた。

 文・写真 吉岡逸夫

(2014年2月14日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
成田空港、中部国際空港などからマニラまでフィリピン航空などの直行便がある。コルディリェーラの棚田群はバギオ北東のマヨヤオ、バナウェなど4カ所が登録されている。棚田群の最大高低差は約1500メートルもある。マヨヤオへはマニラからバギオ、サンティアゴなど経由のバスがあるが、乗り継ぎ事情は悪い。フィリピン政府観光省東京支局によると、日本出発前に旅行会社を通じてバギオなどから先の、車の手配をするのが無難。バナウェへはマニラから直通バスがある。

◆問い合わせ
フィリピン政府観光省東京支局=電03(5562)1583。
フィリピン旅行全体の情報は、フィリピン政府観光省の日本語ホームページで。

おすすめ

2人分の魚のから揚げとスープで1500円程度。

2人分の魚のから揚げとスープで1500円程度。

★タガイタイ
タール湖の外輪山の上、標高約700メートルにある。
マニラから車で約1時間半の日帰りリゾート。
レストランなども充実している。
2人分の魚のから揚げとスープで1500円程度。

★サンアグスチン教会
マニラにあり、欧州のバロック建築の影響を受けた石造りの教会。
16世紀に建築されたフィリピン最古の教会とされる。
「フィリピンのバロック様式教会群」の一つとして、1993年に同国初の世界遺産として登録された。入場料が必要。

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外