【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. くらしき川舟流し
くらしき川舟流し

くらしき川舟流し 岡山県 悠久の流れ 至福の美観

倉敷川の舟から、なまこ壁の土蔵や格子窓の町家の風景を眺める観光客=岡山県倉敷市で

倉敷川の舟から、なまこ壁の土蔵や格子窓の町家の風景を眺める観光客=岡山県倉敷市で

 川面の舟から、倉敷川河畔の街並みを眺めると、なまこ壁の土蔵や格子入りの町家が、よりどっしりとした感じに見えた。船頭さんの竹ざお1本だけで進む川舟は、静か。風を感じ、水の音も楽しめる。そして、「ゆっくり ゆったり」というぜいたくも味わえる。

 瀬戸内海に面する岡山県倉敷市は、交通の要衝ということもあり、江戸時代には幕府の直轄地として代官所が置かれた。水運による年貢米や特産品などの集散地として栄え、市の中心部を流れる倉敷川の河畔には商家の土蔵や、塗屋造りの町家が立ち並び、今も多くが残っている。

 明治時代になると倉敷は一時、不景気に転じたが、紡績工場などができると、綿や燃料の石炭を積んだ船が行き交い、にぎわいを取り戻した。戦後はトラック輸送などに役割を奪われ、忘れられた存在となった倉敷川だが、倉敷絹織(現クラレ)の社長も務めた大原総一郎氏の提言をきっかけに、新たな街づくりが始まった。

 戦前にドイツ外遊の経験もある大原氏は「倉敷を日本のローテンブルクにしよう」と河畔の街並み保存を訴えた。戦災を免れた倉敷の街並みを文化的遺産として残そうと、各方面に働きかけ、地域住民有志による街並み保存団体「倉敷都市美協会」が1949(昭和24)年に発足した。

 今橋から、下流の高砂橋にかけての約300メートル区間には、美術館や旅館、旧家などが立ち並び、テーマパークのよう。17(大正6)年に町役場として建てられた木造洋風建築「倉敷館」前には「くらしき川舟流し」の乗船場があり、川舟が数人の観光客を乗せ、上流に向かった。菅笠(すげがさ)をかぶり法被姿の船頭さんは、竹ざおを巧みに操り、低い橋脚の下を苦もなく、くぐっていった。

 近くにいた初老の男性に声を掛けると船頭さんの一人、赤沢富雄さん(75)だった。約20分の川舟流しでは、美観地区の歴史などを説明しているという。赤沢さんは、「小学生のころ父親から舟の扱い方を習った。客の座る場所によって、舟全体のバランスを取る場所を選び、操船しなければならないので、難しさもありますよ」と明るい表情で話してくれた。

観光ボランティアガイドの那須節夫さん(左)の下津井節に聞き入る来場者=岡山県倉敷市で

観光ボランティアガイドの那須節夫さん(左)の下津井節に聞き入る来場者=岡山県倉敷市で

 翌日は、瀬戸内海に面した下津井漁港へ。「♪下津井港はヨー 入りよて 出よてヨー」-。岡山県を代表する「下津井節」発祥の地のモニュメントが漁港の西端にあった。その北方向には、かつて北前船で栄えた下津井を、今に伝える資料などを展示した「むかし下津井回船問屋」があり、観光ボランティアガイドの那須節夫さん(86)が来場者に下津井節を聞かせていた。

 那須さんはタクシー運転手だったころに郷土史を学び、乗客に語ってきた。「観光客との交流が楽しみ」といい、「むかし下津井回船問屋」がオープンする95年以前から活動しているのだという。なかなかの名調子で、しばし聞き入った。

ジーンズやミシンが展示されているジーンズミュージアム

ジーンズやミシンが展示されているジーンズミュージアム

 倉敷は国産ジーンズ発祥の地でもある。市内の児島下の町にあるジーンズミュージアムは、西部劇に出てくる酒場をイメージした外観。館内には70年に米国から輸入されたデニム地で作った日本初の女性用ジーンズが展示され、歴史や製造工程などが紹介されている。昭和生まれの人間にとっては、何とも味わい深い観光地だった。

 文・写真 山田欣也

(2014年3月28日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
倉敷へは、新幹線・岡山駅で山陽線に乗り換え約17分。下津井漁港へは、JR岡山駅で瀬戸大橋線に乗り継ぎ、児島駅で下車。バスに乗り換え約15分。

◆問い合わせ
倉敷駅前観光案内所=電086(424)1220

おすすめ

ままかり寿司
ままかり寿司

★くらしき川舟流し
乗船時間は約20分。料金は大人300円、5歳以上と小学生150円。3~11月は第2月曜日(祝日の場合は翌日)定休。12~2月は土、日、祝日のみ運航(年末、年始は運休)。倉敷館観光案内所=電086(422)0542

★大原美術館
1930年に日本初の私設西洋美術館として開館した。入館料は大人1300円、大学生800円、小中高校生500円。夏休み中と10月を除き月曜(祝日の場合は翌日)休館。電086(422)0005

★ままかり寿司(ずし)
ままかりはニシン科の小魚を甘酢漬けにしたもの。あまりのおいしさから、ご飯(まんま)を借りてでも食べたい-が命名の由来。これをにぎり寿司にしたのが岡山県の郷土料理、ままかり寿司。店によって価格は異なるが1人前1000円程度。

★祇園神社
海に突き出た浄山(22メートル)の高台にあるので瀬戸内海、瀬戸大橋、下津井地区が見渡せる。電086(479)9468

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外