【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. ハウステンボス
ハウステンボス

ハウステンボス 長崎県 花の楽園は西欧の香り

小高い山にある展海峰からは、九十九島や佐世保市街が一望できる

小高い山にある展海峰からは、九十九島や佐世保市街が一望できる

 緑の木々に覆われた小島が、寄り添うかのように点在する西海国立公園の九十九島。波静かで時折、通る観光船の航跡がくっきり見えた。名前とは異なり、実は208もの島々からなるのだという。眺望ポイントはいくつもあるが、中でも展海峰(てんかいほう)からの眺めは、さすがだった。沖合には五島列島や平戸島。振り返ると山腹に張り付く佐世保市街、艦船が停泊する佐世保湾が一望できた。

 中世ヨーロッパの街並みを再現したテーマパーク「ハウステンボス」は、佐世保湾と水路でつながる風光明媚(めいび)な大村湾の北端沿岸に位置している。ハウステンボスは、オランダ語で「森の家」という意味。最寄りのJR駅から降り立つと、いきなり宮殿を思わせる巨大なホテルが目の前に現れた。路面に赤レンガを敷き詰めた長さ200メートルほどの水路に架かる歩道橋を渡ると、もうそこがテーマパーク。

 ハウステンボスは広さ152ヘクタール、東京ドーム33個分もある。入場ゲートに近いフラワーロード周辺には、水路が巡らされ、所々に配置された風車がオランダであるかのような雰囲気を演出している。沿道には、いくつもの花壇があり、年間を通して色とりどりの花を咲かせているのだという。

自然豊かで異国情緒が漂うハウステンボス。至る所に、色とりどりの花が植えてある

自然豊かで異国情緒が漂うハウステンボス。至る所に、色とりどりの花が植えてある

 周辺の恵まれた自然と西欧調の建物を生かし、場内では近年、庭園の技術を競う「ガーデニングワールドカップ」を毎年、開催している。5回目のことしは、パレス・ハウステンボスをメーン会場に10月4日から11月4日まで、世界各国の高名な造園家の作品が展示される。期間中の18日からは、インターナショナルフラワーコンテストが初開催され、花や草木による空間デザインなどが競われる。

来場者に愛嬌を振りまく海賊の着ぐるみ。後方はサウザンド・サニー号

来場者に愛嬌を振りまく海賊の着ぐるみ。後方はサウザンド・サニー号

 ガーデニングワールドカップのショーガーデン部門では、数多くの一流リゾートホテルの景観設計を手がけたチャン・ファイヤンさん(シンガポール)ら8組の作品を展示。わが国を代表する造園家石原和幸さんは、“花の神殿”をイメージしたカラフルな作品を特別出展する。広大なハウステンボスの植栽を担当する卜部(うらべ)仁美さんは「見たこともないような庭を見ていただけると思います。ガーデニングは、お金をかけても、さほどかけなくても楽しめる伝統文化。高名な出展者の作品を楽しみ、発想を持ち帰っていただきたい」と話す。

 海辺のハーバータウンへ移動すると、人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」に登場する海賊船「サウザンド・サニー号」(全長41メートル)でのミニクルーズを家族連れたちが楽しんでいた。乗船場では、背丈が3メートルもある海賊の着ぐるみが愛嬌(あいきょう)を振りまきながら来場者をもてなしている。

 日が落ちてからも、場内では次から次へとイベントが繰り広げられ、あちらこちらから歓声が聞こえる。軽快で、懐かしい音楽に引かれてアムステルダム広場へ行くと、1970~80年代のヒット曲が流れ、子どもからお年寄りまでが、ディスコに興じていた。直営ホテルの宿泊者に無料配布される仮面を着けた若い女性は、まるで別人になったかのよう。思う存分、はしゃぎ、歌い、踊っていた。

 あれも、これもと遊びや食事には事欠かないテーマパークなのだが、なにせ広いので夕方近くになると、この日の歩行距離は10キロ近くに。水路を巡る平べったい屋根の遊覧船や有料の貸自転車もあるのだが、最新の乗り物「セグウェイ」に目が留まった。「乗れるかな?」という不安もあったが、インストラクターの付きっきり指導で数分後には、前進、後退、旋回もできるようになり、はまってしまった。ハウステンボスは、安全、安心のヨーロッパに似せた街。子どもから、高齢者までが伸び伸びと楽しめるゾーンだった。

仮面を着け、屋外の広場でディスコを楽しむ若者たち=いずれも長崎県佐世保市で

仮面を着け、屋外の広場でディスコを楽しむ若者たち=いずれも長崎県佐世保市で

文・写真 富永賢治

(2014年9月26日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
ハウステンボスへは、中部空港から長崎空港へ行き、高速船に乗り換え50分。
羽田空港発の便もある。
JR博多駅からは特急「ハウステンボス号」で約1時間45分。

◆問い合わせ
ハウステンボスのイベントに関しては、電(0570)064110、
宿泊は電(0570)064300へ。ホームページでの検索が便利。

おすすめ 

ハウステンボス歌劇団

ハウステンボス歌劇団

★ハウステンボス
年中無休。1日パスポートは、大人6100円、中・高校生5100円、
4歳から小学生まで3800円、65歳以上は5600円。
ペットの入場も可。総合案内=電(0570)064110

★第5回ガーデニングワールドカップ
開催時間は午前9時から午後9時まで。
入場料はパスポートなどがあれば400円。

「レッドロブスター」の料理

「レッドロブスター」の料理

★ハウステンボス歌劇団
宝塚歌劇団出身の男役・優雅さんら36人で構成。
2チームが連日、計6公演している。
無料だが、ステージに近い有料観覧席は1人500円。

★ハウステンボスのレストラン
佐世保名物のレモンステーキ、有田焼の登り窯の技術を生かして焼くピザ、長崎名物のチャンポン、福岡県ランキング1位になったこともある豚骨ラーメンなどが味わえる。
米国で人気のシーフードレストラン「レッドロブスター」の料理も好評。
各種スイーツも楽しめる。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外