【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 能島
能島

能島 愛媛県今治市 村上水軍が制した激流

能島から眺める桟橋付近。正面に見える鯛崎島と、かつては橋でつながっていたという=愛媛県今治市で

能島から眺める桟橋付近。正面に見える鯛崎島と、かつては橋でつながっていたという=愛媛県今治市で

 これが海賊の海か。潮の流れが激しい。底から湧き上がるようにどうどうと白い波がたち、突き出た岩に回り込んでいる。戦国時代に瀬戸内海を支配した海賊・村上家の城跡がある「能島(のしま)」(愛媛県今治市)。岩壁に近づくと、それまで快調に飛ばしてきた船が、波に押し返されるように速度を落とした。

 今年の本屋大賞を受賞した和田竜さんの小説『村上海賊の娘』。織田信長と大坂本願寺の争いと村上家との関わりを描いたこの物語で、歴史の行方も左右したという海賊の存在の面白さを初めて知った。破天荒なヒロイン・景(きょう)たちが縦横無尽に活躍する作品世界を体感したくなり、舞台を訪ねた。彼らが拠点にしていた能島は、かつては容易に近づけなかったが、今ならば観光船で手軽に渡れるのだ。

夕焼けに浮かび上がる来島海峡大橋

夕焼けに浮かび上がる来島海峡大橋

 地元の観光サービス「瀬戸内しまなみリーディング」が、約1時間のミニツアー「能島上陸と潮流クルーズ」を主催している。島は桜の名所で、昨年までは春の2日間だけ船が出ていたが、『村上海賊の娘』の人気などから、来年12月までは毎週土日と祝日にツアーが催されるようになった。

 この日は40人乗りの「潮流丸」で出航。屋根付きのボートのような形の船だ。人数によって、もっと小さい船で出る日もあるという。「海賊の乗っていた小早船(こばやぶね)(木製の小型船)をイメージしているんですよ」と、同社の担当者、石丸和男さん(64)が笑った。

 船着き場からの距離は約1キロ。急流の間を縫って船が進むのを遊園地のアトラクション気分で楽しむうち、10分ほどで島の桟橋に着いた。

 海に浮かぶ小高い山のような能島は、一周わずか約850メートル。14世紀中ごろから16世紀末期まで村上家が城を構えていたが、今は無人島。約10年前から、桟橋の整備や城跡の発掘調査が行われ、当時の暮らしぶりが分かってきたという。

 「島全体を城にしているのが特徴です」。今治市村上水軍博物館の学芸員・田中謙さん(34)が同行し、説明してくれた。「海城(うみじろ)」と呼ばれる形態で、速い潮流が天然の堀の役割を果たす。「舟に乗るより潮に乗れ-という言葉があるんです」と田中さん。海賊たちは、この海で船を自在に操り、海戦や海運を仕切ったのだ。「潮目さえ読めばアヒルでも島に渡れます」

海賊たちが戦の勝利を祝って食べたといわれる「宝楽焼」

海賊たちが戦の勝利を祝って食べたといわれる「宝楽焼」

 島内には、三之丸、二之丸、本丸などがある。本丸の周辺は、素焼きの皿が多数出土していて、宴会の場所だったとみられるという。酒に強そうな景たちも、ここで宴(うたげ)を楽しんだのだろうか。

 ツアーの後は、船着き場のすぐ裏手にある村上水軍博物館で知識を補充することに。復元された海賊の船や古文書などを見ていると、小説の世界が現実につながってくる気がした。

 せっかくだから、海賊にちなんだものも食べておきたい。夕日に映える来島海峡大橋を眺めながら車で向かったのは、民宿「名駒」。村上家が戦に勝ったときに食べたと伝えられる郷土料理「宝楽(ほうろく)焼」が食事に出る。大きな半球形の素焼きの器に塩と小石を敷き、タイやエビ、サザエなど海の幸を載せて焼く。この豪快さはいかにも海賊だ。ずっと旅のお供をしてくれた景の面影とともに、海が育んだ歴史の味わいを堪能した。

 文・写真 中村陽子

(2014年12月19日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
能島へは、JR今治駅から路線バスに乗り、
「石文化公園」経由で「村上水軍博物館」下車。
車は、瀬戸内しまなみ海道・大島北ICから約3キロ。
能島上陸ツアーの料金は2000円。
「村上水軍博物館」前に、乗船場がある。

◆問い合わせ
今治市村上水軍博物館=電0897(74)1065。
瀬戸内しまなみリーディング=電0898(35)4886

おすすめ

リモーネ

リモーネ

★パティスリーT’sCafe玉屋
海沿いのテラス席があるカフェ。
瀬戸内特産の有機栽培レモンを使ったケーキ「リモーネ」など、
地元産フルーツの旬に合わせたスイーツを提供している。
営業時間は午前10時~午後7時。電0897(72)0343

★今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」
しまなみ海道サイクリングの四国側の拠点。
能島周辺の道沿いには「水軍ライン」の標識も。
レンタサイクル利用料は大人1日500円から(保証料1000円)。
指定のポイントで乗り捨てもできる。
午前8時~午後5時。電0898(41)3196

★道の駅「よしうみいきいき館」
屋外に七輪(しちりん)を使う海鮮バーベキュー施設がある。7品と鯛(たい)飯で2160円から。
館内に用意された海産物の中から好きな食材を選ぶこともできる。
営業時間は午前9時~午後5時。電0897(84)3710

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外