【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 石垣島・竹富島
石垣島・竹富島

石垣島・竹富島 沖縄県 赤瓦と青い海 響く島唄

亜熱帯の樹林の奥に神秘的な聖域、御嶽があった=沖縄県・竹富島で

亜熱帯の樹林の奥に神秘的な聖域、御嶽があった=沖縄県・竹富島で

 「ボー」という汽笛の音で、目が覚めた。東シナ海に浮かぶ沖縄県・石垣島。ホテルの目の前は、八重山諸島への船が行き交う石垣港である。前夜、沖縄民謡のライブを居酒屋で楽しんだ帰り、興奮と酔いをさまそうと公園に立ち寄ると、むせ返るような花々の甘い香りに包まれた。ああ、はるばる来たなあ、と南国情緒に浸った。

 満天に南十字星を見ることができるというが、港のある島の中心部は夜はネオンのちまたと化して思いのほかにぎやか。見える星はまばらだった。

 曇りの天気予報は外れ、朝から晴れ間が広がった。思い立って、島影が見える竹富島行きの船に飛び乗った。海の群青と空の青が溶け合うような美しさだ。船はサンゴ礁に浮かぶ盆のような平らな小島に、じきに着いた。白いしっくいで塗り固めた赤瓦の屋根、サンゴ礁の石を積んだ石垣、緑陰を落とすフクギの並木が、抜けるような青空に映える。古きよき沖縄をよく残している竹富島を、貸自転車で巡った。

 地図も見ずにサンゴ礁の砂を敷いた道を走っていると、集落の外れに出た。案内板には「久間原御嶽(くまばらうたき)」とある。神が降臨する聖地として島人が大切にしている拝所である。さまざまなチョウが群れ舞う草むらの小道をさらに走ると、島の東岸に出た。海水浴場がある遠浅の西岸とは異なり、だれもいない浜辺。童心に帰って、美しいヒオウギ貝や大きなシャコ貝の貝殻を拾った。

素朴な赤瓦が印象的な「旧宮良殿内」。琉球王朝時代の上級士族屋敷の唯一の遺構=沖縄県・石垣島で

素朴な赤瓦が印象的な「旧宮良殿内」。琉球王朝時代の上級士族屋敷の唯一の遺構=沖縄県・石垣島で

 石垣島は台風の通り道にある。台風から家屋を守る石垣の多さが島名の由来というが、鉄筋コンクリートの建物に次々と建て替えられ、伝統的な民家はわずかになってしまった。昔の面影を探し中心部を歩き回った。

 民家と比べ格段に大きい赤瓦の屋根が見えてきた。国の重要文化財「旧宮良殿内(みやらどぅんち)」だ。琉球王府の出先機関トップ「頭職(かしらしょく)」の私邸で築約200年。昔の上級士族の屋敷構えを残す沖縄唯一の遺構という。

 主室に面して庭園があった。奇岩を連ねて峰となり、滝となる景観は中国の南画風でもあるが、日本本土の庭園趣味も加味され、琉球独自の趣がある。

 縁側にある受付の男性に話しかけてみた。なんと、殿内12代当主の宮良芳明さんだった。宮良さん夫婦はこの屋敷に現在も住んでいる。どうりで、建物内に立ち入れないわけである。「台風銀座のこの島で200年もよく残ったものだ」と苦労話を語ってくれた。

島の味と歌、踊りが楽しめる民謡居酒屋のライブ=石垣島で

島の味と歌、踊りが楽しめる民謡居酒屋のライブ=石垣島で

 石垣島は、BEGIN(ビギン)や夏川りみら人気ミュージシャンを輩出している芸能の島。歌や踊りは暮らしに溶け込み、民謡ライブを売り物にした居酒屋があちこちにある。

 タクシーの運転手さんに「島の料理と民謡が一緒に楽しめる」と勧められ、民謡居酒屋へ出掛けた。初日は、日焼けして頑健そうな若者が三線(さんしん)を弾き、歌っていた。「本業はタマネギ農家」だと言う。興に乗った客は総立ち、頭上にかざした両手を左右に振って踊るカチャーシーの輪ができた。2日目はフォーク調の島唄を聞いた。霜降りの石垣牛や、天然モズクのてんぷらをほおばり、泡盛のグラスを片手に聞く島唄は格別である。

 折から、台湾発着で週2便ある大型クルーズ船が寄港。“爆買い”の台湾客がどっと繰り出し島内は沸いていた。

 かつて圧政、マラリアに苦しんだ南の島は、本土の地方に比べてよほど活気があり、南洋真珠のような輝きを放っていた。

 文・写真 長谷義隆

(2015年4月24日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
石垣空港へは中部、羽田、関西の各空港から直行便がある。
石垣空港から市街地のバスターミナルまではバスで約40分。
竹富島へは石垣港から船で約10分。

◆問い合わせ
石垣市観光交流協会=電0980(82)2809、
竹富町観光協会=電0980(82)5445

おすすめ

霜降りのステーキ

霜降りのステーキ

★川平(かびら)湾
沖縄を代表する景勝地。
石垣島の市街地から車で約40分。
世界有数の透明度を誇る海は光の加減により青から緑へと美しいグラデーションを描く。
色とりどりのサンゴ礁、熱帯魚を観覧するグラスボートは人気。

★石垣島の味
石垣牛は石垣市と竹富、与那国町の各島で成育された黒毛和種の純粋種。
近年、高級ブランド牛として脚光を浴び、霜降りのステーキや、切り身をあぶってすし種に。
近海クロマグロは4月中旬から6月中旬にかけて水揚げされる。
鮮度がよく美味。

★民謡居酒屋
石垣島の中心部に居酒屋が多数ある。
客も参加して楽しむスタイル。
ライブチャージは500~1000円程度。
ショーは一晩2、3回ある。

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外