【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. グアム
グアム

グアム 米国 “プチぜいたく”心地よく

ホテルの部屋から望む夕映えのビーチ

ホテルの部屋から望む夕映えのビーチ

 日本から約3時間半のグアムは、比較的親しみやすい海外リゾートとして家族連れやカップル、シニア層まで根強い人気を集めている。そんな南の島で、ちょっとぜいたくな最新ホテルでの宿泊をはじめ、オプションツアーなど「非日常」を体験しようと、中部国際空港を飛び立った。

 宿泊したのは、ことしの夏に開業し、タイの企業が運営する「デュシタニ・グアム・リゾート」。島で最高層の30階建てで、最大規模の会議施設も備え、当地で16年ぶり新築のハイグレードホテルとして注目を集めている。

 タイ調の壁紙や、木の素材を多く取り入れた客室は、ゆったりとくつろげる造り。大きな窓から見下ろせば、白い砂とエメラルドの海が織りなすビーチが誘う。タイ料理やステーキハウスなど多彩なレストランやスパ、ラウンジなども充実している。セールス&マーケティング部長の伊藤岳洋さん(37)は「訪れやすい立地条件を生かしながら『手が届くぜいたく』を提供したい」と意気込む。

 街を歩く。ホテルが集まる島中西部タモン地区は、空港から車で15分で、ブランド品や土産物を取りそろえた大型免税店や、マリンレジャーの拠点にも近い。通りには日本語の看板が並び、親しみやすい雰囲気だ。日本語が通じる所が多いのは、当地との長きにわたる絆の証しだろう。

 ホテルから近く、ディナーとラスベガス風のショーが楽しめる「サンドキャッスル・グアム」に出掛ける。客席に近いステージで繰り広げられる「ドリーム」は、マジックとアクロバットにダンスを組み合わせたスピード感あふれる演目で、幅広い層が楽しめるよう工夫されている。ホワイトタイガーやヘリコプターが突然現れ、女性が空高く浮遊するイリュージョン、中国雑技を発展させたような曲芸などが次々と繰り出され、時間を忘れた。

ホテルの客室から眼前に広がるエメラルドの海

ホテルの客室から眼前に広がるエメラルドの海
クルージングには若い女性らも参加してにぎやかだった

クルージングには若い女性らも参加してにぎやかだった

 海に沈む夕日を楽しむ約4時間の船旅「BIGサンセットディナークルーズ」にも参加した。自分には踊りの素養は全くないが、ダンスパーティーも催されるという。船上はカップルや若い女性ばかりで気後れしたが、海風に当たれば心地よい。健康的に日焼けした現地の船長との陽気な会話を楽しみながら沖へと進む。

 やがて、前方に白い波が見えてくる。イルカの親子だ。船に接近して右に、左に、背びれを見せながらジャンプで「歓迎」してくれた。愛らしく目まぐるしい動きを何とか写真に収めようとスマートフォンをかざしながら無邪気に興奮していると、いつのまにか日没が迫っている。水平線に溶けるような、大きなオレンジ色の輝きに息をのみ、心が揺さぶられる。

 日没直後、船は突然のスコールに見舞われる。雷鳴と横なぐりの風雨にもめげず、若者たちは屋根の下、踊りに興じる。自分もかなり雨にぬれたが、この時に味わった開放的で愉快な気持ちは、忘れられないものになりそうだ。

「サンドキャッスル・グアム」のラスベガス風ショー「ドリーム」=いずれもグアム・タモンで

「サンドキャッスル・グアム」のラスベガス風ショー「ドリーム」=いずれもグアム・タモンで

 出立の日。デュシタニ・ホテルのロビーで案内役の女性、ミッツィーさん(18)がタイの民族衣装姿で見送ってくれた。親しみやすい島の気風を体現するような笑顔。「日本の方々にもっとグアムの魅力を紹介したい。お待ちしています」

 文・写真 小川邦夫

(2015年12月4日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
ユナイテッド航空は成田、中部国際など6都市の空港からグアムへの直行便を週約60便運航。
成田からは1日3便、中部、大阪からは1日2便。
グアム国際空港からはパラオやサイパンにも乗り継ぎできる。

◆問い合わせ
グアム政府観光局日本事務所=電03(3212)3630

おすすめ

太平洋戦争博物館

太平洋戦争博物館
ココナツの屋台

ココナツの屋台

★太平洋戦争博物館
タモン地区から車で30~40分にある、個人の所蔵品を集めた小さな資料館。
島をめぐって繰り広げられた日米の激戦をしのばせる写真や文書が並ぶ。
戦後28年間、島に潜伏していた元日本兵・横井庄一さんの紹介も。
戦闘機の残骸や大砲、軍用トラックなどの実物は迫力がある。入場料3ドル。

★ハガニャ地区
グアムの政治・経済の中心部である一方、島の歴史をたどる多くの遺跡が点在し、短時間で巡れる。
キノコのような不思議な形の石「ラッテ・ストーン」は、先住民であるチャモロ人の住居礎石跡とも推定される。
空港から車で15分ほど。

★ココナツの屋台
ハガニャ地区などで売られる。
ハガニャでは1個5ドル。
豪快に割ってもらい、スポーツドリンクのようなさっぱりした甘さのジュースを飲んだ後、スライスした果肉をわさびじょうゆで食べると、刺し身のような食感。

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外