【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 遊歩道「アプトの道」
遊歩道「アプトの道」

遊歩道「アプトの道」 群馬県 安中市 雄壮なアーチに驚嘆

最長の6号トンネルの入り口

最長の6号トンネルの入り口

 JR信越線の横川駅(群馬県安中市)の少し西に「アプトの道」の起点を示す看板が立っている。「アプトの道」は、アプト式鉄道の廃線敷を利用して、横川-熊ノ平間に整備された遊歩道だ。

 横川-軽井沢(長野県)駅間の信越線が開通したのは1893(明治26)年。碓氷(うすい)峠を越える同区間内では、急勾配を克服するためアプト式という、歯形のついたレールを敷き機関車の歯車とかみ合わせて進む方式が日本で初めて採用された。電化を経て、1963(昭和38)年に新線に切り替えられ、アプト式の区間は廃止された。

 「アプトの道」は延長約6キロ、標高差300メートル。山間部にあるため10カ所のトンネルがある。起点から歩き始め碓氷関所跡の案内板を過ぎ、上信越自動車道をくぐると右手にれんが造りの建物が見えてきた。1912(明治45)年に建設された国指定重要文化財の旧丸山変電所だ。案内板に「東京駅のような華やかさはない。しかし、(中略)落ち着いた格調の高いものとなっている」と書いてある通り、重厚な雰囲気は遊歩道の行楽客を立ち止まらせる。

 川の流れの音や小鳥のさえずりを聞きながらさらに進むと、1号トンネル(全長187メートル)に着いた。外から見ると薄暗くて怖い感じがする。曲がっているため出口が見えないのも気味が悪い。おっかなびっくり中に入ったが、明かりもついており目が慣れてくるとけっこう見通しが利くようになった。続いて2号トンネルを通過すると左手に碓氷湖が見えた。

 単調さにいささかうんざりしながら5号トンネルを抜けると、ぱっと視界が開け、目の前にめがね橋があった。長さ91メートル、高さ31メートル。1892(明治25)年に完成した、わが国最大のれんが造りアーチ橋だ。アーチは4つあり国指定重要文化財になっている。碓氷関所保存会の柴崎雅道さん(64)が「めがね橋は通るだけでなく、見上げるとそのすばらしさがよく分かります」と言っていたのを思い出し下の道に下りてみた。橋脚近くからの眺めは、堂々とそびえ立つという言葉がぴったりで、橋の上を列車が走る風景はさぞや絵になったことだろうと思った。

行楽客が往来する「めがね橋」=いずれも群馬県安中市で

行楽客が往来する「めがね橋」=いずれも群馬県安中市で

 めがね橋を渡りきったところで、安中市教育委員会から認定された文化財インストラクターの小林進さん(72)に出会った。「春は芽吹く草木のもえぎ色、夏は濃い緑、秋は紅葉、冬は新雪の上を歩く散策と、この遊歩道は1年を通じて楽しめます」と小林さん。「唱歌『紅葉』は、この先の熊ノ平の風景を作詞家の高野辰之がうたったものですよ」という言葉に促されさらに先に進み、最長の6号トンネル(546メートル)をはじめ次々とトンネルを通過し、最後の10号トンネルを抜けると標高689メートルの熊ノ平に着いた。

小諸城址に残る石垣=長野県小諸市で

小諸城址に残る石垣=長野県小諸市で

 横川に戻り軽井沢を経て島崎藤村の詩「小諸なる古城のほとり」の舞台となった小諸城址(じょうし)(長野県小諸市)を訪れた。こけむした天守台の石垣を眺め、展望台から千曲川を見下ろしていると、藤村も同じ風景を見て詩情をかき立てられたのだろうかという気がしてくる。事前に読んだ「日本の詩歌1 島崎藤村」(中央公論社刊)には、「この一篇だけでも詩人藤村の名は(中略)永く残るだろう」と書いてあった。小諸市観光協会案内所を訪ね「藤村は最大の観光資源でしょうね」と言うと、応対してくれた木村さとみさん(50)からは「近ごろは知らない人もいます。『“しまざきふじむら”って誰ですか』なんていう問い合わせがありますから」という返事があった。

 文・写真 松田士郎

(2016年1月22日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
上越、北陸新幹線高崎駅で信越線に乗り換え終点のJR横川駅まで33分。
横川駅-しなの鉄道軽井沢駅間はJRバスで約35分、軽井沢-小諸間は同鉄道で約25分。

◆問い合わせ
安中市商工観光課=電027(382)1111。
小諸市観光協会案内所=電0267(22)0568

おすすめ

プレミアムワイン「ソラリス」シリーズ

プレミアムワイン「ソラリス」シリーズ

★碓氷峠鉄道文化むら
見て、触れて、体験できるテーマパーク。
旧国鉄時代に活躍した蒸気機関車(SL)やディーゼル機関車、電車などの屋外展示、信越線横川-軽井沢間の鉄道模型が設置された鉄道資料館、SL「あぷとくん」運行などがある。
入園料は中学生以上500円、小学生300円。
電027(380)4163

★碓氷関所跡
重要な交通路である中山道に設けられた関所跡。
1959(昭和34)年に門柱や門扉が復元され、資料館も建てられた。

★懐古園
小諸城址を中心に整備した公園。
藤村記念館や小山敬三美術館なども見学できる共通券が大人500円、小中学生200円。
電0267(22)0296

★マンズワイン小諸ワイナリー
ブドウ栽培から醸造、瓶詰め、蔵出し出荷と、約40種類のワインと果汁の小売りを行っている。
見学や試飲(無料)もできる。
長野産を中心に国産ブドウだけを使ったプレミアムワイン「ソラリス」シリーズの試飲は有料だが、購入すれば試飲代は返却される。
3000坪の日本庭園「万酔園」もある。
電0267(22)6341

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外