【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 釜山
釜山

釜山 韓国 摩天楼輝く伝統の街

踊るシルエットが映し出されるザ・ベイ101(手前)の周りに高層ビル群がそびえ立つ

踊るシルエットが映し出されるザ・ベイ101(手前)の周りに高層ビル群がそびえ立つ

 30年ぶりの釜山は変わっていた。金海国際空港からホテルがある海雲台までの道すがら、明かりがともり始めた高層ビル群に目を見張った。迎えてくれた釜山広域市観光協会の崔鎮鎬(チェジノ)さん(34)が「こんなに高くなったのは5、6年前からですよ。違う国に来たみたいでしょ」と笑った。10月の台風18号の直撃で高波に襲われたことが話題になったセレブの街「マリンシティー」には80階建てもあるそうだ。

 そのビル群を望む夜景スポット「ザ・ベイ101」では、金、赤、青の色鮮やかなネオン輝く摩天楼に圧倒された。ここは、レストランやセレクトショップが入るほか、ヨットツアーが出るという。オープンカフェがあり、飲み物を片手に潮風に当たる人でにぎわっていた。釜山は、韓流ドラマがブレークするきっかけになった「冬のソナタ」のヒロイン、チェ・ジウさんの出身地としても知られる。何回も来ているという福岡市の中村里彩さん(46)が「あの辺りにご両親が住んでるんだって」と、入り江の向こうの高層階を指して教えてくれた。「ホテルで渡辺謙さんと黒木瞳さんを見た」と、興奮気味なのは同市から一緒に来た峯松千尋さん(22)。釜山国際映画祭の初日で、この高級リゾートに、日本人俳優も泊まっているようだ。

韓国では珍しく海辺に立つ海東竜宮寺に多くの参拝者が訪れる。奥の石像が海水観音大仏

韓国では珍しく海辺に立つ海東竜宮寺に多くの参拝者が訪れる。奥の石像が海水観音大仏

 きらびやかな夜が明けると、降ったりやんだりのあいにくの天気だったが、海岸線を抜けて郊外の海東竜宮寺に足を延ばした。波打ち際の岩場に立つこの寺の写真を見て、訪れてみたくなった。頑丈な岩盤と高い岩壁が防波堤の役割を果たしているのか、これまでに地震や台風の被害はなかったらしい。1376年の創建以来、文禄・慶長の役(壬辰倭乱(イムジンウェラン))で焼失(1930年代に再建)しただけというから複雑だ。雨でぬれた108つの急な石段を滑らないように下り、海水観音大仏に向かった。心から祈ると、願いが1つかなうと伝えられる。海を見下ろすようにそびえ立つ観音様にちゃっかり1つ祈ってみたが、かなえてもらえるだろうか。

 夜は「モダンで伝統的」と、福岡の中村さんたちのお薦めの店「イェイジェ」で韓定食を味わった。昔を今に伝えるという店名の通り、新旧の魅力が満載の釜山を象徴するようなコース料理だ。実は、前夜に刺し身店で名物の生きたタコの足先や魚の餌だとしか思っていなかったユムシの湯引きまで、珍しい海の幸を調子に乗って食べ過ぎてしまい、少々おなかを壊していた。

 
続々と運ばれてくる少しずつだが多彩な料理=いずれも韓国・釜山で

続々と運ばれてくる少しずつだが多彩な料理=いずれも韓国・釜山で

 長芋のユズ載せ、豆腐の昆布巻きなどの前菜は、手が込んでいるだけでなく、少しずつ多彩なのがうれしい。ドラマ「チャングムの誓い」の食に対するこだわりもふに落ちる。レンコンのチヂミや葉っぱ付きの朝鮮ニンジンまでが色鮮やかに美しく盛り付けられ、食欲をそそる。本場のチャプチェも何とも言えずおいしい。店のオリジナルだというマッコリは、白い地厚の陶器に半分ほどつがれ、一口飲んでみたら、ほんのり甘くて上品な味。アルコールに弱い私も飲み干してしまった。「釜山は食い倒れの街です」と、崔さんが得意げなのもうなずける。

 「ヨットツアーを予約できませんでした。先日の台風で船が故障してしまって…」と、今度は申し訳なさそうな崔さん。こんな時に観光を優先させてもらって申し訳ないのはこちらの方だ。ヨットは次の機会に取っておこう。「おいしいものを食べに行こう」と50分で気軽に飛べる福岡ほどではないが、名古屋からも1時間半の近さだ。その気になれば、このお隣の異国の街にはいつだって来られそうだ。

 文・写真 鈴木洋子

(2016年11月4日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
金海空港へは中部のほか、関西、成田など6空港から直行便がある。
バスや地下鉄が充実しているほか、タクシーが便利。空港から海雲台へはリムジンバスで1時間20分。
海東竜宮寺へは海雲台からタクシーで30分。

◆日本での情報
名古屋市中区錦2の「コリアプラザ名古屋」では各種パンフレットや地図が手に入る。
韓国旅行「コネスト」、「プサンナビ」なども詳しい。

おすすめ

海雲台

海雲台

★海雲台
釜山・海雲台区を横断する地下鉄2号線に駅がある。
1.8キロに及ぶ美しい砂浜は夏になるとビーチパラソルで埋まる。
同沿線には「ザ・ベイ101」、アジア最大といわれる「釜山国際映画祭(1996年から毎年10月に開催)のメイン会場「映画の殿堂」や世界最大の売り場面積としてギネスブックにも載る「新世界百貨店」など(いずれも同区)がある。

★海洋レジャー
ザ・ベイ101、サムジュダイアモンドベイ(南区)などで申し込み、食事付きのヨットツアーなどを楽しめる。

刺し身(タイやヒラメの白身魚を中心に、アワビやホヤの貝など)

刺し身(タイやヒラメの白身魚を中心に、アワビやホヤの貝など)

★食べ物
プルコギや参鶏湯など肉料理のほか、刺し身やフグなど海産物がおいしい。
刺し身は、タイやヒラメの白身魚を中心に、アワビやホヤの貝などを味わえる。
1人3万ウォン(約3000円)ほど。
白身魚のすり身70%以上の練り物「オデン」(韓国語で「オムク」とも)も名産。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外