【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】「熊野古道」テーマに故平山さんの画集展

【三重】「熊野古道」テーマに故平山さんの画集展

ジャンル・エリア : 三重  2010年01月04日

熊野古道を描いた日本画が並ぶ=尾鷲市向井の熊野古道センターで

熊野古道を描いた日本画が並ぶ=尾鷲市向井の熊野古道センターで

 昨年12月2日に死去した日本画家平山郁夫さんが世界遺産・熊野古道を描いた画集の展示会が、尾鷲市向井の熊野古道センター図書資料室で開かれている。31日まで。入場無料。

 
 平山さんの死を悼んで同センターが企画した。画集は「熊野路を描く」の題。平山さんには、日本はどのように文化が発展してきたのかを描こうと古道をテーマにした一連の作品群があり、大和路、吉備路に続くシリーズ作品。鮮やかな朱色が緑に映える熊野速玉大社や、豪快に水が落ちる那智の滝など、1991~92年に描き、画集に収録した12枚を机の上に並べて展示した。

 (福田大展)

旅コラム
国内
海外