【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】ミキモト真珠島に「ハート形の石」 新たな観光の目玉に期待

【三重】ミキモト真珠島に「ハート形の石」 新たな観光の目玉に期待

ジャンル・エリア : 三重  2010年01月17日

ミキモト真珠島で見つかり、観光海女の間で話題のハート形の石=鳥羽市で

ミキモト真珠島で見つかり、観光海女の間で話題のハート形の石=鳥羽市で

 鳥羽市のミキモト真珠島で、ハート形の石が“発見”され、観光海女らの間で話題になっている。同様の石が見つかった他の観光地では、恋愛成就の石として呼び物の一つになっているケースもあり「新たな観光の目玉になれば」とちょっぴり期待もしている。

 
 石は縦、横ともに50センチほどで、きれいなハート形。50年以上前から島内にあるソテツの縁取り石として置かれているが、来歴は分かっていない。

 見つけたのは、同島の観光海女の奥村美秋さん(49)。5年ほど前から存在には気付いていた。週末などに観光客と一緒に記念撮影する場所の近くにあり、自身では「ラブラブの石」と命名しながらも、誰もが知っていることと話題にしなかった。

 昨年末、同僚に「ラブラブの石の所にいて」と口にすると「何それ?」と一躍、海女の間に広まった。

 長崎市の観光名所グラバー園では、敷石に混じるハートストーンの存在が知られるようになり「意中の相手を思い、石に触れると恋がかなう」などとして人気に。同じ長崎の眼鏡橋でも石垣に見つかり、観光客らが訪れている。

 真珠島でも早速、御利益を求め、石をなでる女性従業員の姿も。奥村さんも「御利益のほどは未知数だが、来島の際にはぜひラブラブの石を探してみて」と呼び掛けている。

 (遠藤健司)

旅コラム
国内
海外