【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】厳冬に輝く氷柱の壁 王滝で温泉客らに人気

【長野】厳冬に輝く氷柱の壁 王滝で温泉客らに人気

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年01月17日

森の中に姿を現した巨大な氷柱の壁=王滝村で

森の中に姿を現した巨大な氷柱の壁=王滝村で

 王滝村の御岳山ろくにある日帰り温泉施設「おんたけ高原温泉こもれびの湯」の近くに、高さ5メートルにもなる氷柱の壁がお目見えし、入浴客らの目を楽しませている。

 
 厳しい寒さを生かし、温泉を営業する名古屋市民御岳休暇村がつくった。穴をあけたホースを木々の高い位置に架け渡し、引き込んだ沢の水を昨年11月からしたたらせ、凍らせてきた。1月以降の強い冷え込みで一気に大きくなり幅40メートルにわたる太いつららのカーテンが出現。浴室の窓や外の桟敷から見渡せる。氷柱づくりは2年目。「水量などを工夫して昨年より立派なものができた」と、休暇村の陶川菊雄理事長は胸を張っている。

 こもれびの湯は入浴料一般500円、小学生以下300円。問い合わせは同休暇村=電0264(48)2111=へ。 (森木幹哉)

旅コラム
国内
海外