【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】保古の湖でワカサギ釣り楽しんで 桟橋がポイント近くへ移動

【岐阜】保古の湖でワカサギ釣り楽しんで 桟橋がポイント近くへ移動

ジャンル・エリア : 岐阜  2009年01月30日

ボートを使うなどして桟橋を西へ移動させる作業=恵那市と中津川市境の保古の湖で

ボートを使うなどして桟橋を西へ移動させる作業=恵那市と中津川市境の保古の湖で

 恵那市と中津川市境にある根の上高原の保古の湖で29日、ワカサギ釣り用の桟橋が西へ約50メートル移動した。「釣りポイント」に近づかせるのが目的で、湖面に張った氷をボートで割り、桟橋を分割して移動させるなどの作業が繰り広げられた。

 
 保古の湖は標高約900メートルの高原にある人工湖。秋冬のワカサギ釣りは昨シーズン、28年ぶりに復活した。釣りの再開とともに、湖面に突き出た格好の桟橋も設けられた。

 桟橋はプラスチック製の丸い容器を浮輪にし、その上に木板を張り付けて造られている。長さ約90メートル、幅約2メートル。この日の作業では、うち約50メートル分を、保古の湖総合案内所の男性スタッフ3人が数メートルの長さに分割。それぞれをボートで押すなどして西側へ移動させた。

 同所のワカサギ釣りは2月末まで。平日は午前8時-午後4時で土日祝日は午前7時から。桟橋釣りの料金は1500円(小学生以上)。問い合わせは、保古の湖総合案内所=電0573(65)3595=へ。

 (保母哲)

根の上高原で1日に「雪と氷の観遊会」

 根の上高原では2月1日、冬の遊びを楽しんでもらう毎冬恒例のイベント「雪と氷の観遊会」(根の上高原まつり実行委員会主催)が催される。

 当日は午前10時から「どんど焼き」があり、もちつき大会や、雪があればスノートレッキングを楽しむ。

 保古の湖では「ワカサギ釣り体験」があり、当日先着10組が無料となる。全面結氷している場合などは桟橋から氷の割れ目に釣り糸を垂らす「穴釣り」となる。

 甘酒や豚汁のサービスもあり、午後3時まで。問い合わせは、国民宿舎恵那山荘=電0573(66)7773=へ。

 (保母哲)

旅コラム
国内
海外