【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】現代映す濃淡の美 県水墨美術館で11作家競演

【富山】現代映す濃淡の美 県水墨美術館で11作家競演

ジャンル・エリア : 富山  2009年02月02日

会場に並ぶ迫力のある水墨画の作品=富山市五福の県水墨美術館で

会場に並ぶ迫力のある水墨画の作品=富山市五福の県水墨美術館で

八木幾朗さんら

 水墨画の魅力を知ってもらおうと「現代の水墨画2009 水墨画の現在地点」が、富山市五福の県水墨美術館で開かれている。3月22日まで。 (永井響太)

 
 時代とともに変わる水墨画の多様な表現について理解を深めてもらうことを目指し、今年で3回目。今回初めて東京都の練馬区立美術館と共同で開催した。表現を追求し、業績を残したマツダジュンイチさん(京都市)や八木幾朗さん(同)ら作家11人の作品33点が展示されている。

 木々が風になびく情景をイメージしたマツダさんの「風形」、パネルを切ることでブドウがなる木の曲線を表現した八木さんの「Le Resin(ル・レザン)」など見る人の感性に訴える作品が並んでいる。富山市山室から来た男性は「すばらしい作品が多い」と話していた。

 入館料は一般900円、大学生650円、高校生以下は無料。月曜日は休館。

旅コラム
国内
海外