【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】全長3メートルのタカアシガニ公開 静岡の博物館

【静岡】全長3メートルのタカアシガニ公開 静岡の博物館

ジャンル・エリア : 静岡  2009年02月06日

全長3メートル、世界最大級の大物タカアシガニ=静岡市清水区の東海大海洋科学博物館で

全長3メートル、世界最大級の大物タカアシガニ=静岡市清水区の東海大海洋科学博物館で

 静岡市清水区の東海大海洋科学博物館で、全長3メートルの世界最大級のタカアシガニが公開されている。同館は「最近は資源が少なくなって大きなタカアシガニが捕れなくなっている折、珍しいので見に来てほしい」と呼び掛けている。 (須藤恵里)

 
 脚を広げると全長3メートル、甲羅は直径約30センチ、脚の太さは直径10センチ近くにも達する。「世界最大のカニとして知られるタカアシガニの中でも、これは最大級」(同館)という。

 先月16日、駿河湾内でアンコウの底引き網を操業中だった漁師大沢次男さん(61)=田子の浦漁協所属=が捕獲した。通常捕れるタカアシガニをはるかに上回る大物とあって「みんなに見てほしい」と、同館に提供した。

 4日、神奈川県茅ケ崎市から家族で訪れていた会社員石川智治さん(63)は「すごい。水槽が窮屈に見えるくらいの迫力ですね」と驚いていた。

旅コラム
国内
海外