【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】獅子舞厳かに 鈴鹿の椿大神社で3年ぶり披露

【三重】獅子舞厳かに 鈴鹿の椿大神社で3年ぶり披露

ジャンル・エリア : 三重  2009年02月12日

大勢の見物客が見守る中、披露された椿大神社の獅子舞=鈴鹿市山本町で

大勢の見物客が見守る中、披露された椿大神社の獅子舞=鈴鹿市山本町で

 1300年の歴史があり、3年に1度だけ披露される椿大神社(鈴鹿市山本町)の獅子舞が11日、始まった。県の無形民俗文化財で、2カ月近く各地で舞われる。

 
 初日は神社で披露があり、氏子たち9人が横笛や太鼓の音色に合わせて厳かに演じた。小学生がてんぐの面をかぶって神話に出てくるサルタヒコに扮(ふん)し、獅子を導く物語。2時間余り舞いが続き、参拝者が見入ったり、アマチュアカメラマンがシャッターチャンスを狙ったり。

 「天下太平、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈る神事で、古い獅子頭がご神体の一つになっている」(同神社)という。同市山本町の氏子らが伝統を受け継ぎ、昨年暮れから練習を重ねてきた。

 今後、土日を中心に鈴鹿山脈ふもとの神社周辺地域をはじめ、名古屋市など県外でも披露される。問い合わせは神社=電059(371)1515=へ。

 (酒井直樹)

旅コラム
国内
海外