【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】工夫凝らし「おひなさん」展示 伊賀の町家や商店68カ所で

【三重】工夫凝らし「おひなさん」展示 伊賀の町家や商店68カ所で

ジャンル・エリア : 三重  2009年02月18日

商店街に飾られたひな人形を眺める親子=伊賀市上野東町で

商店街に飾られたひな人形を眺める親子=伊賀市上野東町で

 桃の節句を前に、伊賀市の中心市街地で20日から「伊賀上野 城下町のおひなさん」が始まる。城下町の町家や商店の店頭など68カ所でひな人形が飾られるほか、住民が手作りした「忍者びな」も販売される。3月3日まで。

 
 市や地元商店会などでつくる実行委員会が初めて企画した。市中心部の本町通りを中心に、通りに面した家々が工夫を凝らしたひな飾りを展示。江戸時代後期や明治時代の古びなもあり、町並みを散策しながら楽しめる。

 「忍者びな」の販売場所は上野中町の町家「藤川邸」。中町活性化委員会の会員が和紙と木で作った。刀を背負った忍者衣装のお内裏さまとお姫さまの2体セット800円。組み立て式は1体300円。

 期間中は、町家で桜くず湯などが振る舞われ、飲食店や和菓子店では桃の節句にちなんだメニューを用意する。伊賀鉄道も、列車内に園児の絵画や折り紙のひな飾りを展示し、盛り上げる。

 問い合わせは市商工観光課=電(22)9670=へ。

旅コラム
国内
海外