【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】伊勢の臥竜梅が見ごろ 8日から梅まつりも

【三重】伊勢の臥竜梅が見ごろ 8日から梅まつりも

ジャンル・エリア : 三重  2009年02月24日

見ごろを迎え、甘酸っぱい香りを漂わせる臥竜梅=伊勢市の新開臥竜梅公園で

見ごろを迎え、甘酸っぱい香りを漂わせる臥竜梅=伊勢市の新開臥竜梅公園で

 菅原道真ゆかりといわれる臥竜梅(伊勢市指定天然記念物)が、伊勢市御薗町新開の新開臥竜梅公園で咲き始めた。甘いにおいを漂わせ、訪れた人を魅了している。

 
 この臥竜梅は、太宰府に左遷された菅原道真が、冤罪(えんざい)が晴れるようって家来を伊勢神宮に代参させ、紅白各1本ずつ植えたとされる。地元の人たちが挿し木や接ぎ木で若木を育て、現在は約660平方メートルに紅白約40本が根付く。

 一つの花に複数の雌しべを持つのが特徴。新開臥竜梅保存会の西田修三さん(77)によると、今年の開花は例年より10日ほど早め。3月半ばごろまで楽しめるという。同月8日午前10時から同所で梅まつりが開かれる。

 (谷知佳)

旅コラム
国内
海外