【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】“復元” 昭和の活気 高岡・御旅屋通り 『ハイカラ横町』開幕 

【富山】“復元” 昭和の活気 高岡・御旅屋通り 『ハイカラ横町』開幕 

ジャンル・エリア : 富山  2009年03月13日

昔懐かしいプラモデルなどのおもちゃが並ぶ「昭和のお宝展」=高岡市御旅屋町のわろんがで

昔懐かしいプラモデルなどのおもちゃが並ぶ「昭和のお宝展」=高岡市御旅屋町のわろんがで

懐かしの写真、おもちゃ展示

 高岡市中心部の御旅屋通り商店街で12日、懐かしい昭和の町並みを再現するイベント「ハイカラ横町」が始まった。29日まで。

 
 同商店街は1958(昭和33)年に全天を覆うハイカラなアーケードを設置、市内外からの買い物客でにぎわった。現在も全長約200メートルの商店街に、飲食店や雑貨屋など約40店舗が並ぶ。

 ハイカラ横町は、昭和期の活気をよみがえらそうと、中心商店街活性化センター「わろんが」が初めて企画、主催した。

 昭和30年代以降の様子を紹介する「懐かしのオタヤ写真展」、市民が収集した昭和の日用雑貨やおもちゃ約200点が並ぶ「昭和のお宝展」などを、商店街の各所で開いている。昭和35年まで多くの買い物客でにぎわった「公設市場」も再現、野菜や総菜を販売する。

 お宝展を見た市内の主婦村松都さんは「子どものころに戻ったよう」と懐かしんだ。わろんがの上田久子代表は「人と人の新しい接点を生み出せるような温かいイベントにしたい」と話している。

 期間中は昭和のレコード音楽を流すハイカラ喫茶や、メンコやけん玉などで遊ぶ「昔ながらに遊ぼう」、チンドンねり歩き、紙芝居などもある。

 問い合わせは、わろんが=電話0766(21)6300=へ。 (奥村圭吾)

旅コラム
国内
海外