【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】尾鷲ヒノキでいすやハンガー 東京芸術大生が紀北で作品展

【三重】尾鷲ヒノキでいすやハンガー 東京芸術大生が紀北で作品展

ジャンル・エリア : 三重  2009年03月25日

人体をイメージしたハンガーと子どもいすが並ぶ会場=紀北町海山区相賀で

人体をイメージしたハンガーと子どもいすが並ぶ会場=紀北町海山区相賀で

 東京芸術大の学生による作品展「子どもいすとハンガー展」が、紀北町海山区相賀の海山公民館で開かれている。29日まで。入場無料。

 
 地元で地産材の普及活動をする「ものづくり実行委員会」などの主催。同大の木工工芸科の1、2年生48人が1点ずつ出品した。作品はすべて尾鷲ヒノキを使っている。

 子どもいすはどれも高さ40センチほどで、木のぬくもりを感じる作品が並ぶ。ハンガーは「人体をイメージさせるもの」というテーマに沿って制作。人骨や開脚している足の形を利用したデザインなど、奇抜なハンガーが展示されている。

 (福田大展)

旅コラム
国内
海外