【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ミズバショウの寺 見物客でにぎわう

【石川】ミズバショウの寺 見物客でにぎわう

ジャンル・エリア : 石川  2009年04月10日

見ごろを迎えたミズバショウ=志賀町上棚の来入寺で

見ごろを迎えたミズバショウ=志賀町上棚の来入寺で

志賀・来入寺に1000株

 志賀町上棚(うわだな)の真宗大谷派来入寺(らいにゅうじ)で九日、ミズバショウが見ごろとなり、陽気に誘われて多くの人が見物に訪れた。

 
 先々代住職の故東谷雅隆さんが裏庭の湿地に植えたのが始まり。現在は約千株あり「ミズバショウのお寺」として親しまれている。県内だけでなく、県外から観光バスで訪れる団体もあるという。

 仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる白色の花に見える部分が清潔感を漂わせ、訪れた人はカメラに収めるなどして思い思いに楽しんでいた。

 現住職の東谷雅史さん(31)は「遠方からもいらっしゃるので、株分けして増やしながら守っていきたい」と話す。一週間ほどが見ごろで、ミズバショウの後も引き続き、境内ではシダレザクラやモクレン、コブシの花が楽しめる。 (小塚泉)

旅コラム
国内
海外