【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】シカ肉とブルーべリーで「ジビエカリー」 大鹿村観光協が販売

【長野】シカ肉とブルーべリーで「ジビエカリー」 大鹿村観光協が販売

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年04月22日

大鹿村観光協会が販売に力を入れる「大鹿村ジビエカリー」=大鹿村で

大鹿村観光協会が販売に力を入れる「大鹿村ジビエカリー」=大鹿村で

 大鹿村観光協会は春の観光シーズンに、村内産のシカ肉とブルーベリーを使ったレトルトカレー「大鹿村ジビエカリー」の販売に力を入れている。

 
 ジビエ(野生鳥獣肉)を使ったレトルトカレーは、シカ肉の消費拡大を狙った調理開発の一環として昨年夏に発売。シカの筋肉を軟らかく加工した上、ブルーベリーの酸味で独特の臭みを取り除き、「まろやかな食感とカレー本来の辛口の味わいが楽しめる」(同協会)という。

 筋肉の確保が難しく、加工に手間が掛かるため、2500食分の限定生産。200グラム入り1個600円。村内のみで販売している。同協会は「5月3日の大鹿歌舞伎定期公演や6月4日の南アルプス開山式などに合わせ、村の特産品としてPRしたい」と張り切っている。

 問い合わせは、同協会=電0265(39)2929=へ。 

 (長谷部正)

旅コラム
国内
海外