【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】「のれんアート」風情演出 恵那の中山道大井宿で開幕

【岐阜】「のれんアート」風情演出 恵那の中山道大井宿で開幕

ジャンル・エリア : 岐阜  2009年04月27日

「のれんアート」の開幕を祝って演奏されるアルプホルン=恵那市大井町のJR恵那駅前で

「のれんアート」の開幕を祝って演奏されるアルプホルン=恵那市大井町のJR恵那駅前で

 旧宿場町の風情を演出しようと恵那市大井町の中山道・大井宿一帯で26日、商店や民家の軒先にのれんを飾る「のれんアート」(実行委員会、市観光協会主催)が開幕。市内外から応募のあった約100点が、5月17日まで掲げられる。(保母哲)

 
 大井宿は日本橋から46番目の宿場町で、美濃地方では旅籠(はたご)の数が最も多かったことで知られる。今回が初の「のれんアート」作品は、「道」をテーマに募集した。

 初日はJR恵那駅前でオープニングセレモニーがあり、雨のためイベントを一部省いて実施。長野県大桑村で活動する「大桑アルプホルンクラブ」のメンバー4人の演奏などがあった。

作品の位置図がイラストなどであしらわれたマップ

作品の位置図がイラストなどであしらわれたマップ

 西尾重人実行委員長は、大井宿には街道を直角に曲がる「枡形(ますがた)」が6カ所残っていることを引き合いに「中山道の宿場町では最も多い。大井宿にはこうした素晴らし財産が残っており、多くの人に知ってもらいたい」と話していた。

 飾られた作品には作者名とコメントが添えられており、市民や観光客に投票してもらうコンテスト用のマップ(B4判)は市観光案内所などで配布。気に入った作品2点を選んでもらう方式で、閉幕後に各賞を決める。

旅コラム
国内
海外