【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】「ドニチエコきっぷ」でめぐる史跡紹介 明和高教員・中山さんが出版

【愛知】「ドニチエコきっぷ」でめぐる史跡紹介 明和高教員・中山さんが出版

ジャンル・エリア : 愛知  2008年05月21日

歴史散策の本をまとめた中山正秋さん=名古屋市東区で

歴史散策の本をまとめた中山正秋さん=名古屋市東区で

 明和高校の教員で、郷土史の研究にも励んでいる中山正秋さん(57)=尾張旭市北原山町=が、名古屋市内の史跡をまとめた本「ドニチエコきっぷでめぐる名古屋歴史散歩」を風媒社から出版した。土曜日曜に利用できる市営地下鉄や市バスの一日乗車券「ドニチエコきっぷ」(大人600円、小学生以下300円)を活用し、歩いて散策する12のコースを紹介している。 (加藤弘二)

 中山さんは日本史の教科担当をする傍ら、4年前から「名古屋なんでも情報」と名付けたブログで、市内の歴史にまつわる記事を掲載している。休日に史跡を訪ねたり、資料を探したりして書いた記事は約1200本。その成果をまとめるため、本の出版を思い立った。

 ブログで取り上げた史跡を、時代やテーマごとに選び、コースを設定。郷土史研究の仲間にコラムを執筆してもらったほか、ドニチエコきっぷを使うといくら節約になるかも盛り込み、B5判110ページにまとめた。

 紹介したコースは、戦国武将たちの足跡や尾張徳川家のゆかりの地、近代建築や戦争遺跡などさまざま。中山さんは「車で有名な史跡を巡るのではなく、歩きながら路傍のお地蔵さんや町の雰囲気などに想像を膨らませるのが、歴史を楽しむ醍醐(だいご)味。本がそのきっかけになれば」と話している。

 1470円。市内の主要書店で発売中。(問)風媒社=電052(331)0008

旅コラム
国内
海外