【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】40万人が飯田で祈り 元善光寺御開帳、31日に閉幕

【長野】40万人が飯田で祈り 元善光寺御開帳、31日に閉幕

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年05月26日

住職の話を聞こうと集まった大勢の参拝者ら=いずれも飯田市座光寺で

住職の話を聞こうと集まった大勢の参拝者ら=いずれも飯田市座光寺で

 飯田市の元善光寺御開帳が、31日の結願(けちがん)大法要で幕を閉じる。4月5日から始まった数え7年に一度の御開帳に、前回を4万人ほど上回る40万人近い参拝者が訪れる見込みだ。

 
 今回の御開帳は、初めて長野市の善光寺や愛知県稲沢市の善光寺東海別院、岐阜市の岐阜善光寺など6つの寺で同時に開催。若い人の姿も目立ち、前立本尊の右手中指から伸びる糸が結ばれた回向柱の周りでは、善男善女が祈る姿が絶えない。

 飯田市は数年前から一本桜をめぐる観光に力を入れ、寺のすぐ近くにある「麻績の里舞台桜」にも、開花中は多くの花見客が集まる。

回向柱の周りに集まる善男善女

回向柱の周りに集まる善男善女

 周辺は細い道が多いため、寺と地元自治会の話し合いで初めて駐車場を共有。大型バス専用の駐車場も設けたこともあり、周辺のにぎわいもこれまで以上だった。

 本堂でのお話が好評の本多秀賢住職は「地元あってのお寺。いい関係をさらに発展させたい」と話す。

 (海老名徳馬)

旅コラム
国内
海外