【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】スナメリ赤ちゃん今年2頭目が誕生 鳥羽水族館

【三重】スナメリ赤ちゃん今年2頭目が誕生 鳥羽水族館

ジャンル・エリア : 三重  2008年05月24日

母親のマリンの後を泳ぐスナメリの赤ちゃん(鳥羽水族館提供)

母親のマリンの後を泳ぐスナメリの赤ちゃん(鳥羽水族館提供)

 鳥羽市の鳥羽水族館で23日、今年2頭目となるスナメリの赤ちゃんが誕生した。生殖孔から頭部が先に見え始める、いわゆる逆子で心配されたが順調に出産し、母子ともに元気という。

 
 赤ちゃんは2004年に伊勢湾で捕獲された「マリン」の子。体長約85センチ、体重約8キロのオスで、早速、お乳を飲んだり、母親に寄り添って泳いだりしている。マリンは、05年にマリオを出産しており「慣れたしぐさで上手に授乳している」と飼育担当者もひと安心。

 同館では3月末にも、チョボがオスの赤ちゃんを出産していて今年2頭目。2組の親子は同じ展示プールにいるといい、子育てで孤立することもなさそう。現在はストレスを与えないために展示は閉鎖しているが、モニターテレビを通して、2組の親子の様子を見られる。

  (遠藤健司)

旅コラム
国内
海外