【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】「とばーがー」新たに2種類 鳥羽市が認定書交付

【三重】「とばーがー」新たに2種類 鳥羽市が認定書交付

ジャンル・エリア : 三重  2009年06月05日

「じゃころっけバーガー」(左手前)と「浦村かきドッグ」の2種類が新たに仲間入り=鳥羽市役所で

「じゃころっけバーガー」(左手前)と「浦村かきドッグ」の2種類が新たに仲間入り=鳥羽市役所で

 鳥羽市が地元食材を使用し気軽に散策しながら食べられるご当地グルメとして認定する「とばーがー」に、新たに2種類のバーガーが加わった。4日、既に販売されている2種類の開発者も参加し、市役所で認定書交付式があった。

 
 「とばーがー」は、地元の食材を使用▽作りたてを提供▽市内で販売-を条件に、市が認定する。

 昨年4月には国崎町の鳥羽展望台の「伊勢えびコロッケバーガー」(600円)、今年3月には神島町の山海荘の「たこかつバーガー」(500円)が認定を受けている。

 新たに加わったのは答志町のやま七の「じゃころっけバーガー」(390円)と浦村町の与吉屋の「浦村かきドッグ」(250円)。

 「じゃころっけ」は答志特産のちりめんじゃこを使ったライスバーガーで、ワカメやメヒビも使われたヘルシーでカルシウムたっぷりのこだわりバーガー。

 「かきドッグ」は、県内一の産地である浦村のカキとチーズをベーコンで包んだカキフライをホットドッグ状にした一品。お好みで、カキのつくだ煮をつくる際に出るタレをかけると、また味わいが楽しめるという。

 交付式では、木田久主一市長が「エビのように勢いよく跳ね上がり、タコの吸盤のように多くの人をひきつけてほしい」とコメントしながら、4人の開発者へ認定書を手渡した。

「トーバ」と「トパティ」のキャラクターステッカー

「トーバ」と「トパティ」のキャラクターステッカー

 併せて「とばーがー」キャラクターの「トーバ(10歳、雄)」「トパティ(8歳、雌)」もお披露目された。

 鳥羽市出身の漫画家はっとり・みつるさんがジュゴンをモチーフにデザインした。今後「とばーがー」ブランドのPRに利用。市観光戦略室は5日から、4店舗で「とばーがー」を購入した各店先着200人へキャラクターステッカーをプレゼントする。

 同戦略室は「種類も豊富になった。多くの人に食べてもらい、市内を歩いてほしい」と話している。今後も募集し、随時認定していく。

 (遠藤健司)

旅コラム
国内
海外