【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】碧南市職員からプロチェリストに 市古さん、14日に帰国記念演奏会

【愛知】碧南市職員からプロチェリストに 市古さん、14日に帰国記念演奏会

ジャンル・エリア : 愛知  2009年06月10日

14日に帰国記念リサイタルを開く市古洋子さん=碧南市芸術文化センターで

14日に帰国記念リサイタルを開く市古洋子さん=碧南市芸術文化センターで

 市役所職員からプロのチェリストを目指してハンガリーに留学した碧南市鶴見町、市古洋子さん(34)が14日、同市芸術文化センターで留学帰国記念リサイタルを開く。「自分が吸収し、感じたハンガリーを表現したい」と意欲的だ。

 
 高校のオーケストラ部で初めてチェロを弾いた時から「低く、豊かな響きに魅了された」と話す。大学進学後もオケ部でチェロを続けた。卒業後は碧南市役所に勤めたが「本格的に学びたい」と4年後に退職。桐朋オーケストラアカデミー教育課程を経て、2003年のぎふ・リスト音楽院マスタークラスで留学試験に合格。04年9月から4年間、ハンガリー国立リスト音楽院へ留学した。

 「留学で技術も身に付けたが、ハンガリーの作品をより深く学べた」と市古さん。室内楽奏や子どもと一緒に楽しめるコンサートなどの構想も持つが、「まずは留学を終えた報告の演奏をしたい」とリサイタルへの熱意を語る。

 開演は午後2時半。演目は、前半はコダーイやドホナーニといった、留学中に学んだハンガリー人作曲家の作品が中心。後半はベートーベンのチェロ・ソナタ第三番やリストの「愛の夢」などなじみのあるメロディーを奏でる。

 入場料は一般2000円、学生1000円。問い合わせは碧南市芸術文化ホール=電0566(48)3731=へ。 

 (坂口千夏)

旅コラム
国内
海外