【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】海から味な贈り物  磯の香り 全国へ

【石川】海から味な贈り物  磯の香り 全国へ

ジャンル・エリア : 石川  2008年06月10日

ゆうパックに詰められた生のサザエ=穴水町前波で
ゆうパックに詰められた生のサザエ=穴水町前波で

サザエゆうパック開始

穴水・郵便局

 穴水町前波の諸橋郵便局で九日、恒例のサザエゆうパックの出荷が始まった。従来の一・五キロ、二・五キロにことしから五・五キロ入りも追加され、初日は合計二十箱を全国に発送した。 (島崎勝弘)

 
 取扱業者の同町甲、鮮魚業泊出亘弘さん(65)によれば、サザエは同町や隣の能登町沖で採れたもので、海水温の上昇とともに磯の香りが強くおいしくなるという。

 サザエは、生きた状態で県内ならば発送当日に届く。毎年中元品として人気があり、諸橋郵便局では取り扱い終了の八月二十九日までに、例年並みの五百箱の発送を見込んでいる。

 売れ筋の一・五キロは、十五個前後が入り三千八百円。問い合わせは泊出鮮魚店=電話0768(58)1457=へ。

500本ものマグロが運び込まれ、活気あふれる七尾市公設地方卸売市場=同市大田町で
500本ものマグロが運び込まれ、活気あふれる七尾市公設地方卸売市場=同市大田町で

マグロ当たり年

七尾市公設市場 今季最多500本

 七尾市大田町の市公設地方卸売市場に八日、能登半島沖の日本海で捕れた五百本のマグロが入った、同市場で五百本のマグロの取り扱いは、今シーズン最多。

 マグロは、輪島漁業生産組合所有の巻き網船団「第十八輪島丸」が水揚げした三、四〇キロを中心とした二百本など。市場に続々と運び込まれたマグロは次々に競り落とされ、東京都の築地市場など関東、関西方面に出荷された。

 このところ取り扱いの増えているマグロに七尾魚市場は「昨年の同じ時期に比べてマグロの取扱量は三倍。今年は“マグロの年”になりそう」と期待している。

 (寺本康弘)

旅コラム
国内
海外