【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】これが岐阜の楽しみ方 モデル8コースを1冊に

【岐阜】これが岐阜の楽しみ方 モデル8コースを1冊に

ジャンル・エリア : 岐阜  2009年06月12日

岐阜市周辺散策のモデルコースをまとめた冊子=岐阜市神田町で

岐阜市周辺散策のモデルコースをまとめた冊子=岐阜市神田町で

 岐阜に来たお客さんのおもてなし、こんなコースでいかが-。地域住民や学識者ら10人で構成する「ぎふまちづくりセンター」の観光交流プロジェクトが、8つのモデルコースを1冊にまとめた。2500部作製し、神田町の同センターで無料配布している。

 
 冊子の題は「オススメ 岐阜の見どころ・食べどころ・お買い物 私なら一日こんなふうに岐阜の街にお連れします」。岐阜市周辺の魅力を発信して観光交流人口の増加を図ろうと、同プロジェクトが2008年度、11回会合を開いて練った。今までに住民グループなどが発行したガイド冊子も参考資料として紹介している。

 コースは「産業観光」や「ほろ酔いかげんで、ちょっと贅沢(ぜいたく)にお寺めぐり」など。いずれもJR岐阜駅が起点で、対象者やテーマごとに設定している。同プロジェクトのメンバーが提案した。

 「若者コース 街角の小さな発見の旅」では、午前10時半にJR岐阜駅を出発。駅南口でレンタサイクルを借り、駅南側の加納城跡からお鮨(すし)街道を通って北上し、柳ケ瀬へ。美殿町でたい焼きやジャガイモドーナツをつまみ、伊奈波神社をめぐる。自転車を返却する終点の鵜飼乗船事務所には午後4時半ごろ到着する予定。

 「県外、市外のお客さんをどうもてなすか、会員同士で意見を出し合って作った」とプロジェクト事務局の村脇恵理さん(34)。「冊子のコースはごく一部だと思う。ぜひ多くの方にお勧めのコースを提案してほしい」と、市民によるコース案も募集している。提案様式は自由。問い合わせは、月・水・金曜日にぎふまちづくりセンター=電058(263)7180=へ。

 (竹田佳彦)

旅コラム
国内
海外