【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】想像膨らむモニュメント設置 豊橋市こども未来館に

【愛知】想像膨らむモニュメント設置 豊橋市こども未来館に

ジャンル・エリア : 愛知  2008年06月18日

豊橋市こども未来館の芝生広場に設置された赤鬼のモニュメント=豊橋市松葉町3で
豊橋市こども未来館の芝生広場に設置された赤鬼のモニュメント=豊橋市松葉町3で

 豊橋市は17日、7月にオープン予定の「豊橋市こども未来館」(同市松葉町3)の芝生広場に、赤鬼のモニュメントを設置した。

 
 モニュメントは、幅3・2メートル、高さ3・8メートル。豊橋市出身の漫画家牧野圭一さん(70)が、武神と赤鬼が和解する豊橋の奇祭「鬼祭り」からイメージを膨らませて制作。頭などは鉄製、足は陶器製で、赤鬼が武神に負けて四つんばいで謝っている姿を表現した。地球上で戦争が絶えないため、「和解して」「乱暴は駄目」という平和のメッセージを込めた。

 17日は、直径3メートルのモザイクタイルに設置した脚の部分に、赤い頭をクレーンで載せ固定した。牧野さんは「想像をかき立てるため、緩やかなデザインにした。遊びながら、いろんなことを発想してほしい」と話している。

 総事業費は1000万円。市内の男性の寄付金を充てた。

 (世古紘子)

旅コラム
国内
海外