【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】願いこめた鬼瓦展示 瑞浪で桜堂薬師仁王門修復記念の企画展

【岐阜】願いこめた鬼瓦展示 瑞浪で桜堂薬師仁王門修復記念の企画展

ジャンル・エリア : 岐阜  2008年06月25日

桜堂薬師仁王門に使われていた瓦を紹介する企画展=瑞浪市の市陶磁資料館で
桜堂薬師仁王門に使われていた瓦を紹介する企画展=瑞浪市の市陶磁資料館で

 瑞浪市土岐町の桜堂薬師仁王門修復を記念した企画展「瓦にこめた願い~知られざる桜堂薬師仁王門の歴史~」が、同市明世町山野内の市陶磁資料館で開かれている。7月27日まで。

 
 3月に完了した門の修復では、屋根瓦の全面的なふき替えが行われた。取り外された鬼瓦や平瓦、丸瓦のほか、周辺遺跡の出土品など約80点を紹介する。

 高さ50センチ、幅80センチほどある鬼瓦には寛延3(1750)年の刻銘が確認され、既に発見されていた棟札と年号が合致した。名古屋の瓦師が製作したことも分かっており、同館は「この地域では瓦ぶきが珍しかったのだろう」と推測する。

 史料には、瓦をふく以前の屋根はかやぶきだったため傷み、住民が費用を出して改修したと残る。また瓦には雲水文や波模様が施されており、門を火事から守りたいという地元の人々の思いが伝わる。

 (田村あずみ)

旅コラム
国内
海外