【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】尾鷲で記念イベント多彩 熊野古道の世界遺産登録4年

【三重】尾鷲で記念イベント多彩 熊野古道の世界遺産登録4年

ジャンル・エリア : 三重  2008年07月04日

中井町通りを彩る七夕飾り=尾鷲市中井町で
中井町通りを彩る七夕飾り=尾鷲市中井町で

 熊野古道の世界遺産登録から7日で4年を迎えるのにちなみ尾鷲市内で7月中、さまざまなイベントが企画されている。

 
 同市の中井町通りでは商店主らでつくる「中井和っしょいの会」が「熊野街道 まち灯(あか)り2008」を企画。3-9日に市内の園児らが作った七夕飾り約70本を飾りつける。5-7日と18、19日の午後7-9時は通りにヒノキのあんどんを並べる。19日午後6時半-8時半は縁日やシタールのコンサートも開かれる。

 「北川をきれいにする会」は、同市の北川沿いで「北川が天の川になる夜」を企画。6、7日午後7-10時に川に沿って電飾を並べる。6日午後6時半-7時半は川にささ舟を浮かべる「笹(ささ)の葉レース」もある。参加無料で雨天中止。事前申し込み不要。

 同市の矢浜公民館では「語り部・だまり部矢浜街道町おこし実行委員会」が、12日午後6-8時に手芸品や陶器、野菜などを売る「闇の市」を開く。雨天は13日に延期。

 同市栄町の商店街通りでは「プロジェクトクリーム」が、18日午後6-9時に「灯(あか)りと縁日」を開く。通りにあんどんを並べるほか縁日やビアガーデン、音楽イベントが繰り広げられる。問い合わせは、まちかどHOTセンター=電0597(23)8221=へ。

 (鈴木龍司)

旅コラム
国内
海外