【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】イチモンジタナゴ展示 草津の琵琶湖博物館

【滋賀】イチモンジタナゴ展示 草津の琵琶湖博物館

ジャンル・エリア : 近畿  2009年07月09日

イチモンジタナゴの稚魚=6月、県立琵琶湖博物館で

イチモンジタナゴの稚魚=6月、県立琵琶湖博物館で

 草津市の県立琵琶湖博物館は、今年繁殖した希少淡水魚・イチモンジタナゴの稚魚を12日まで展示している。
 

 
 イチモンジタナゴは体長4~6センチのコイ科の魚。ピンクやエメラルドグリーンの帯状の文様が、成魚の雄の体にあるのが特徴。琵琶湖や瀬田川でみられたが、卵を産み付ける二枚貝が減り、外来魚が侵入するなど、成育環境の変化で数が激減。2007年、県の希少野生動植物種に指定され、捕獲が禁止された。

 博物館は、05年から繁殖に取り組んでおり、今年4月に産卵した250匹のうち成長した40匹を展示している。水槽内では、体長1~3センチほどの稚魚が、透明な小さな体でスイスイ泳いでおり、来場者の目を楽しませている。

 入館料は大人750円、大学・高校生400円、中学生以下は無料。

 (添田隆典)

旅コラム
国内
海外